ご存知ですか? 中国ECビジネスの商習慣を・・・

 

パートナー選びのポイントとは?

淘宝(タオバオ)やアリババなどの中国の通販サイトに出店したくて、
インターネットで「中国ECサポート」や「タオバオ出店代行」と検索してみると、
いろいろな出店代行業者がサービスを提示していますが・・・

いったい、どこの出店代行業者が自社にとってベストな選択なのでしょうか? 

 

もし、あなたが、プロの正しいアドバイスを受けて、タオバオを中心とした
「中国EC市場への進出を成功させたい!」ということをご希望であれば、
「実践型の出店パートナー選び」が成功への第一ステップです。
出店・運営代行の実践経験がある、確実なパートナーを選びましょう。

 

弊社は日本人が経営する、中国政府にも認められた正式な中国現地法人
代行60社以上の実績があり、タオバオなどへの実践型の出店パートナーとして、
多くの出店企業様から信頼をいただいております。

 

パートナー選びのポイントとは?

 

選んではいけない代行業者とは

バツリストネット販売や出店・運営実績にも乏しく、それに加えて中国現地に信頼できるスタッフがいないので、インターネット検索で最新情報を入手している信用度の低い出店代行業者。
リスト日本の商習慣でネット販売実績や経験はあるが、淘宝(タオバオ)などの中国EC市場のことは詳しくないため、出店代行の実践に乏しく机上の空論が多い。
リスト中国ビジネスに長けているが、少人数で膨大な仕事量をこなしているため、個別の管理やタオバオやアリババなどへの出店サポートまで手が回らない。

 

タオバオ出店代行パートナー選びのポイントとは

バツリスト日本国内において、自社で取り扱っている商品のネット販売実績はもちろん、中国EC市場の商習慣をマスターし、淘宝(タオバオ)などへの出店・運営代行経験が豊富。
リスト中国現地に法人を設立して、中国語と日本語が話せるスタッフが多数在籍している。
リストネット市場で、集客につながる中国の流行りの「売れる翻訳ノウハウ」を持つ、信頼できる出店代行パートナー。

 

業者選びではなくパートナー選びへ!

ご存知の通り、昨今は日本と中国のイザコザが問題視されている時代です。
また、日本から見た中国と、同国から見た日本は、
考え方も価値観も商習慣も全く違います
もちろん、中国のインターネット上でも、様々な違いがあります。

閲覧者が出店者とチャットで会話をするという商習慣が、まさにこれです。
中国最大のシェアで有名な、オンラインショッピングサイト「淘宝(タオバオ)」でも
当たり前のように日々会話が行われています。

 

このような日本とは違う経済環境の中で、
ただ単にタオバオ出店などの「手数料が安い」という理由や、
「大きい出店代行会社だから安心できそう」という、安易な理由によって
代行の業者選定したことで、
千載一遇の好機を逃してしまい、中国EC市場への進出が失敗に終わるケースもあるのです。

 

しかし、本気でタオバオなどの中国市場に希望を持ち、
自社を発展させるために出店を検討するのであれば・・・
手数料や出店代行業者の企業規模から「代行業者選び」するのではなく、
経験と実績のある 「実践型のパートナー選び」が成功への第一ステップです。

 

お客様の嬉しい声(一部抜粋)

リストどういう基準で、タオバオ出店代行の会社を選べば良いのか分からなかったのですが、無料コンサルティングのアドバイスが的確でわかりやすかったので決めました!


リスト専門用語を使わない説明で、中国市場に詳しくない私でも理解できました。


リスト出店側の手間が軽く、アリペイ(支付宝)の回収システムで簡単に現金化される安心感が決め手になりました!


リスト中国の担当スタッフも日本語が上手で親切で満足しています。

 

中国ECなら「淘宝(タオバオ)」と言われる理由

やはり中国ECへの進出に、外せないのが「淘宝(タオバオ)」への出店です。
皆様も、タオバオなどを中心とした中国EC市場が、巨大なものだとご存知かと思います。
ではどうして、淘宝(タオバオ)への出店が不可欠なのでしょうか。

 

タオバオは、中国ITの最大手の阿里巴巴集団(アリババグループ)が設立した、
会員数5億人以上のショッピングモールです。
2014年には流通総額が2.2兆元(約44兆円)を突破し、
突出した高いシェアを占めています。
中国ECならタオバオ出店と言われるのは、
No.1の人気と、知名度
を誇っているからです。

 

そして、他にも理由があります。中国の、ICPライセンスの問題です。
どこのサイトも通さず、自社で独自のショッピングサイトを運営するには、
サーバーでサイトを公開するのに必要な、ICPライセンス(営利性許可証)を取得し、
政府機関への申請が義務付けられています。

 

しかし、サイト自体にICPライセンスがある、この淘宝(タオバオ)に出店する場合は、
出店企業様でライセンスを取得する必要がありません
このショッピングモールへ出店すれば中国ECへのハードルが下がるというのも大きな理由。
ですから、中国国内からアクセスしやすくする工夫を代行してくれることにもなり、
大きく手間を減らすことができるのです。

 

淘宝(タオバオ)は、中国最大のショッピングモールであり、
しかもICPライセンスが要りません。
日本企業が出店する大きなメリットが、タオバオにはあるのです。

 

日本流の「おもてなし」で出店企業様の信頼と中国人ユーザーの評価

多くのタオバオへ出店したいとお考えの出店企業様が、中国と日本の商習慣の違いや、
言葉の壁を足かせに感じているのではないでしょうか。
日本的なきめ細かいビジネスをイメージしていると、
合理的な商習慣に驚かされるかと思います。
その日本と中国の溝を埋める出店代行をしているのが弊社です。

 

弊社は、日本人が経営する、
中国政府にも認められた正式な中国現地法人の代行会社です。
代行は60社以上、淘宝(タオバオ)など中国ECビジネスの経験は10年以上あり、
日中両国での豊富な経験と人脈があります。

 

最大のシェアを占めるショッピングサイトのタオバオへ出店するには、
IDを取得したりアリペイ口座を開設したりと、中国語でのやり取りが発生します。
それらに関するタオバオとのやり取りや、
付随する他の出店手続きを代行するのが代行業者です。
様々な代行業者が存在しますが、弊社は、日本人が得意とする「おもてなし」で、
日本の出店企業様や、中国人ユーザーの方々から評価されています。

 

日本語と中国語を話せるスタッフが多く在籍していますので、タオバオの出店や
運営に関わる手続きのやり取りは、日本語で大丈夫です。
もちろん、出店するだけではなく、タオバオに掲載する商品情報の翻訳や、
中国人向けの画像加工、サイト内での中国語チャット対応もお任せください。

 

悲しいことですが、一部のタオバオ出店代行業者では、契約中に連絡が取れなくなったり、
対応が間に合わなかったりするという話を時々耳にします。
しかし、弊社は日本人が経営していますので、
「日本の商習慣ならではの出店企業様への細やかな対応」と、
「中国ならではの商習慣に対応」をさせて頂いておりますので、どうぞご安心ください。

 

また、タオバオに関わらず、中国EC市場に出店される企業様の多くが、
偽物・コピー品への対応を危惧されているのではないでしょうか。
弊社では、タオバオ、アリババの関連部署と連携したり、
現地大手法律事務所を活用して、出店企業様の権利を守ります
商材の権利などに、ご不安な点などがございましたら、お気軽にご相談ください。

 

代表者プロフィール

プロフィール画像私は、10年以上前のネット販売が黎明期の時代から、日本市場の楽天やヤフーショッピングなど、あらゆるネット市場で自社商品を販売してきました。

 

そこでも、ある程度の販売実績があるのですが、中国にある楽天の20倍以上の規模が大きい「淘宝(タオバオ)」の存在を知り、タオバオなどを中心としたより大きな中国EC市場に可能性を感じたのです。

 

そして、中国に自己資本100%の現地法人を設立して、質の高い中国市場への支援サービスを提供する、タオバオなどへの出店や運営をする代行会社「チャイナ・ドリーム・サポート」をスタートしました。

 

おかげ様で、タオバオなど中国ECへ出店した、数多くのお客様から「嬉しい声」をたくさん頂いております。

 

お客様の嬉しい声を頂きました!

 

クライアント画像1

株式会社ティアラ 三浦様
(大阪市阿倍野区)

開店して順調に売上が伸びてきて、これから先が楽しみです。

クライアント画像2

株式会社スティタスリンク様
(東京都新宿区)

中国の担当スタッフも日本語が上手で、親切な対応に満足しています。

クライアント画像3

株式会社ノート 濱本様
(大阪市北区)

アリペイの回収システムで簡単に現金化される安心感があります!

?

よくある質問

タオバオとアリババどちらに出店した方がいいでしょうか?
エンドユーザーに直接販売する小売にあたるのが「淘宝(タオバオ)」、
「アリババ(1688.com)」は、販売相手が企業向けの卸売にあたります。
御社の事業体制や商材によって、タオバオかアリババの
どちらへの出店が向いているかで違います。
ご相談頂ければ、アドバイスをさせて頂きます。
中国語ができませんが問題ありませんか?
まったく問題ありません。タオバオ出店や運営代行させて頂いている出店企業様も、
ほとんどが中国語が出来ません。
日本の御社担当のサポートチームと、中国現地法人スタッフの
約三分の一が、日本語能力検定1級合格者です。
弊社の、日本語に堪能なスタッフが、タオバオなどの出店や運営をサポート致します。
出店手続き以外にも、タオバオサイト内の商品登録情報の翻訳代行もお任せください。

 

問題点や改善点をプロがアドバイス!

チャイナ・ドリーム・サポートでは、
タオバオを中心とした中国EC市場への出店に、可能性を感じている方のために、
初回限定で60分の「無料診断」を行っております。

すでにタオバオへ出店し、中国市場で商品を販売していても、
いまいち手応えを感じていない方はもちろん、
これから中国でのネット販売に可能性を感じている方のために、
分かりやすいアドバイスを行っております。

 

とくに、このような方には本格的な分析方法で、専門的なアドバイスを行っております。

● 個人向けBtoC商品で、タオバオに出店して売上をあげたい。
● 商社やメーカーなどBtoB向けに、コンテナ単位の大型取引をしたい。
● 中国に行って、銀行口座を開設したい。

まずは、詳しいご案内をご覧ください。

 

 

 

無料診断をご希望の方はこちら

 

 

 

お電話での申込みも大歓迎です!

 

下記のフリーダイヤルまで、お電話ください。

「個別診断希望」と一言お願いします。

お気軽にお電話ください