2015/01/08

000b2f576a40160d9ca218

阿里巴巴(アリババ)CEO馬雲は2015年1月7日杭州市で開かれた阿里巴巴(アリババ)グループ戦略会議の席で2015年への抱負を述べた。馬雲は2015年、“我がグループは 大きな改革を起こすつもりだ”と宣言した。馬雲は、組織、文化、人事各面で、10年プロジェクトを打ち出し、更なる発展を願っている。

 

具体的には、電子的取引、支払い方法、物流の効率化などの面がある。さらに、彼が視野に入れているのは“グローバル化”である。阿里巴巴(アリババ)はすでに、スポーツ、学校など国民の“健康と喜び”をクリエイトするグループとしての成長も遂げつつある。

 

杭州へ最高のプレゼントをしたい。次なる馬雲ドリームは

“杭州をスター誕生の聖地に育てること。”

 

馬雲はここ数年阿里巴巴(アリババ)は幸運なことに、成長企業として発展を遂げてきたけれども、それは杭州の皆さんのご支持があってのことだった。と述べる。

 

阿里巴巴(アリババ)への皆の期待が高まるのは、同時に我らのプレッシャーにもなることは否めない。しかし、ずっと杭州市が市をあげて支持してくださった、このことは我らの大きな励まし、原動力となった。

 

我らの感謝を何かの形にして杭州の皆さんに表したい。今のわたしの目標は、“杭州をスター誕生の聖地に育てること。”このようにして、杭州の教育、文化、経済に潤いをもたらすとわたしは信じている。

 

今後の15年、20年間に阿里巴巴(アリババ)は世界をどのように変えていくのか?

 今年の“双11”の取引額は571億元(日本円にして約1兆800億円)だった。“双12”フェアにおいてはオンラインに限らず、実店舗でもスーパーの経営を展開した。

 

阿里巴巴(アリババ)はウォールマートとIBMを抜き、今年世界トップ8位の企業になった。

阿里巴巴(アリババ)はこの15年間自分の基準としてきたのは、我々は中国にとってどんな影響を与えるだろうか?ということだった。しかし、今後の15年、20年に我々が考えるのは、我々は世界にどんな影響を与え得るだろうかということだ。

 

このような思考は、世界10大企業としての挑戦に応じる我々の責任感を強めるものとなる。

 

今後5年に取り組む3つの分野。

1つめはグローバル化、2つめは農村の活性化、3つめはアリババを真の意味でデータ時代におけるクラウドコンピューティングを使ったビッグデータを活用できる会社に育て上げることだ。

我々は電子取引をグローバル化し、10年以内に20億の顧客数に達することを視野に入れている。

 

阿里巴巴(アリババ)は中国を代表する“国家企業”になることを希望している

我々は普通の民営企業ではなく、国営企業でもなく、“国家企業”になることを希望する。

Samsung(サムスン)が韓国の国家企業であるように、Google(グーグル)やApple(アップル)がアメリカの国家企業であるように、今中国にも中国の若者、最新技術を世界にPRする国家を代表し、世界に貢献する企業が必要なのだ。

 

国家企業の一つの大切な指標となるのは40%以上の収入を国外から得ることである。しかし、阿里巴巴(アリババ)は現在95%以上の収入を国内から得ている。ここに改善の余地があると言える。

 

現在中国の経済は阿里巴巴(アリババ)の存在によって少しずつ変化を遂げつつある。我々は今後10年間の努力によって、世界の経済に影響を与える企業に成長するつもりだ。

 

阿里巴巴(アリババ)の描く“スポーツと経済”

我々は更にサッカー界等への参与も検討中である。スポーツ界は長期的な発展を期待できる分野だと思う。

我々が目指すのは、スポーツ産業ではなく、スポーツ事業ではなく、スポーツ経済である!

 

阿里巴巴(アリババ)は楼外楼のように、息の長い企業になりたい。

※楼外楼とは。。杭州を代表するレストラン 創業1848年の老舗 →写真→dbb44aed2e738bd44352a63ba18b87d6277ff94d

 

87年後、1999年に設立した阿里巴巴(アリババ)と共に、馬雲は102歳まで生きてその発展を見守るつもりだと言う。我が社は数々の試練を超えていかねばならないであろう。しかし、我々はこれからもここ杭州で、楼外楼のように皆に親しまれる“老舗”になることを決意している。

 

 

近日開催のセミナーのお知らせ【今年最後です!11月開催!】

 

~中国語不要!ネットで簡単進出~

【爆買い×越境EC!】タオバオ・アリババ出店セミナー

 

中国語ができなくても、現地に進出せずに日本に居ながらにして

消費の沸騰する13億の中国市場に向けてネットで簡単に販売する事ができる方法があります。

 

・淘宝(タオバオ) 中国人消費者向けの小売販売モール

・アリババ(1688.com)中国企業向けの卸売販売モール

 

2つの中国最大の電子商取引サイトを活用して、日本企業が販路拡大する弊社のフルサポートの運営代行サービスを実践的にお伝えします!

 

 

セミナーの詳細・お申込みはこちらから

~中国語不要!ネットで簡単進出~

【爆買い×越境EC!】タオバオ・アリババ出店セミナー

 

【東京会場】2017年11月16日(木) ※満席のため受付終了

【東京会場】2017年11月17日(金) ※満席のため受付終了

 

【名古屋会場】2017年11月23日(木) ※満席のため受付終了

 

【大阪会場】2017年11月29日(水) 満員御礼! 増席 残席1名

 

【福岡会場】2018年1月18日(木) ※残席6名

https://taobao-support.net/seminar/taobao-alibaba-seminar/

 

皆さまお誘いあわせの上、是非「今すぐ」上記リンク先の申し込みフォームへ
ご記入の上、「送信」をクリックして最新情報を手に入れてください。

 

中身の濃い具体的な事例を話しますので「限定8名」です!
お席が無くなりましたらご容赦ください。

 

「タオバオで稼ぐ! 初心者から始める 中国輸出の教科書」 発売開始!

 

中国EC最大のイベントである「独身の日」の11月11日に発売開始されました。

 

弊社代表の橋谷が「タオバオ」の出店申請、出品方法から運営方法まで

ノウハウを図解で解説しました。

 

【読者限定!「中国進出に役立つ5大資料全員プレゼント」】

 

本書をお買い上げ頂きました全員の方に、下記の最新市場データや
EMSで中国向けに発送する時に便利なツールなどをダウンロードして
活用して頂けるようにご用意しました!


★本書の読者特典一覧


・特典1 「タオバオ最新情報!カテゴリ別人気ブランドTOP20調査データ」

中国ECマーケットのトレンドを徹底分析した最新のタオバオ市場調査データです。
主要なカテゴリごとの販売個数、売上総額など様々な実際の調査データをまとめています。
タオバオでの販売商品や、カテゴリの選定に迷った時などにご活用ください。

 

・特典2 「アリペイ送金・出金操作マニュアル」

すべての操作手順を画面で徹底解説しました。
初心者でも簡単に送金、出金の操作ができるマニュアルです。
操作ボタンの中国語もすべて日本語訳をしましたので、間違うことなく送金や出金が
できるようにご用意しました。

 

・特典3 「アリペイに複数の銀行口座を紐づける方法」

タオバオでの売上を日本円で回収するためには、複数の銀行口座を
アリペイと紐づける設定が必要になります。
操作で間違えやすい部分も画面で徹底解説しましたので
ぜひ活用してください。
※アリペイとは、タオバオを運営するアリババグループの
決済サービスです!電子マネーと近いイメージです。

 

・特典4 「EMSマイページ用タオバオ注文CSV変換ツール」

中国向けの発送で一番使われる郵便局のEMS(国際スピード便)の伝票を
プリンターで簡単に印字できるのが「EMSマイページサービス」です。
このツールを使えば、難しい中国語住所を手書きする必要がなくなり、
大量注文での伝票印字も一括処理が可能になります。

 

・特典5 「タオバオ販売禁止商品一覧表(中国語・日本語訳)」

知らずにタオバオで出品して販売してしまうと違反警告や
ペナルティを受けることもあるので注意が必要です。
タオバオでの販売禁止商品を把握することは、非常に重要です。
この特典資料で禁止商品を確認し、違反にならない商品を
出品するように活用してください。

 

読者特典の入手方法は簡単です。
Amazonで拙著をご注文頂き、手元に届きましたら書籍の巻頭記載の
読者特典ダウンロードURLを確認して入手してください。

 

 

無料診断をご希望の方はこちら

 

 

詳しい説明をご希望の方へ

 

「もっと詳細に内容を知りたい!」と、ご希望の方は下記のお問合せフォームまたは、
電話などで、お気軽にお問合せください。

 

お問合せのみでも大歓迎です。丁寧に説明させて頂きます。

 

無料診断をご希望の方はこちら

お気軽にお電話ください

コメントを残す

Facebook Comments