2015/03/14

u=2177101871,1801825253&fm=21&gp=0

 

2014年2月、長江デルタ地域の大気汚染予報・警報システムが暫定的に完成して試運転段階を始めました。同年12月、珠江デルタ地域の大気汚染予報・警報システムが基本的に完成して大気汚染予報を開始しました。

 

これら三大重点区域に設立された予報システムは、開始以来重要な作用を果たしてきました。例えば2014年3月の全国両会、8月のユースオリンピック、11月のAPEC会議などで政府専門機関のために重要な技術サポートを行い、重度の大気汚染が発生した際には地方政府が必要な措置を講じ、汚染の影響を最小限に食い止めるのに必要な情報を提供したのです。

 

 

「一連の様々な問題にぶつかり、その都度一つ一つ解決してきた結果です。」と担当責任者は語っています。まず、直面した問題は「予報能力の向上」でした。

 

 

環境保護部観測局は「今年10月までに各省、省都等大都市に大気汚染予報システムを確立し、法律の規定に沿った予報作業を開始する」目標を掲げています。今の状況はというと、全国各地に緊急の対応策はあるが、実際に稼働しているところは少ないです。

 

 

次の課題は必要な警告を発し、緊急対応を実施すること

 

2013年10月1日~2014年4月30日の間、全国で181回の重度汚染警告が発せられました。警告に伴いふさわしい措置を取ることは、大気汚染の数値と頻度を減らし、国民の健康を保証する面で大きな効果がありました。

 

 

この緊急対応マニュアルに関しては、各地域がしっかり緊急マニュアルに沿って措置を講ずることが必要で、真剣に情報を分析、整理して大気汚染減少の目標、取るべき措置などをしっかり論証していくことが必要です。

 

2014年4月までに、全国20の省と194の都市がすでにこの大気汚染緊急マニュアルを策定、実施しています。

 

こうした一連の行動は一定の成果を上げています。しかし、改善すべき点もあります。正確な予報に基づいて技術サポートを行い、速やかに警告を出し、いつ応急措置マニュアルを発動させるか、いつ終わらせるかについて各都市がしっかりと系統だったシステムを持つことが不可欠だが、各都市間での差がまだまだ大きいのが現実です。

 

また、対応マニュアルの位置づけがはっきりしないため責任の所在もはっきりせず、対応措置の実行力が今一つであることも目前の課題です。

 

さらに、目下多くの都市では「事前の警報に基ずく対応」ではなく「汚染が発生後初めて対応」しているのが現状です。

 

緊急対応マニュアルの実行力不足の原因として、マニュアルが求める対策に法の拘束力がほとんどないことが挙げられるので、次回の<大気汚染防止法>改定時にはこの面の法整備も不可欠と言えます。

 

汚染予報の精度についての課題とは、正確さの向上だけでなく「今より更に前もって予報を出す」ことも含まれます。もし3から5日前に予報が出せれば、多くの場所で前もって十分の計画ができることでしょう。

 

 

正確な予報、タイムリーな警報という二つが揃って汚染空気に対する社会全体としての取り組みができます。画一的な対策、つまり、中止する、一時停止する、制限するという単純な方法では、矛盾やいさかいが避けられず、最善の解決策とは言えないでしょう。

 

 

 気象の分野の介入について

 

人為的な行為で汚染を食い止めるという目標は安全性とコスト面等の問題があります。

  

人為的な天気への働きかけといえば、「人工雨」と「人工スモッグ消失」の二つの方法だが、どちらの方法も空気中の湿度が一定のレベルにあることが条件です。スモッグ発生状況を見ると、この条件から外れる場合が多いので、人為的な働きかけでスモッグを解決する選択肢はないということになります。

 

u=1646512652,2573765532&fm=21&gp=0また、大気は気流の影響を受けるということ、コストがかなりかかること、この方法が有効なのは局地的だということ。効果は目を見張るほどではないことから、スモッグの劇的解決法とは呼べません。

 

 

大気汚染に対する措置は、たくさんの都市の市民の生活と仕事に密接な関係があります。例えば、前もって提唱されていたように、今年の旧正月期間中には以前にも増して多くの人が爆竹や花火を少なめに打ち上げました。多くの人の協力によって、今年の旧正月休暇期間中、国民皆が以前よりもきれいな空気を吸うことができました。

 

 

国民一団となった努力が必要。

 

APEC期間中の青空は、多くの工場が一時的に休業したことで実現しました。しかし、青空と引き換えに工場をこれから先停止させ続けることは、有り得ない選択肢です。

 

今のところ、科学技術を駆使した方法は研究の途上であるか、コストがかかりすぎるという問題のため実現不能です。これからも難題の解決に向けた努力がより一層必要です。

 

青い空と社会の発展が共存できる日が待ち遠しいですね。

 

 

近日開催のセミナーのお知らせ【10月・11月開催!】

 

~中国語不要!ネットで簡単進出~

【爆買い×越境EC!】タオバオ・アリババ出店セミナー

 

中国語ができなくても、現地に進出せずに日本に居ながらにして

消費の沸騰する13億の中国市場に向けてネットで簡単に販売する事ができる方法があります。

 

・淘宝(タオバオ) 中国人消費者向けの小売販売モール

・アリババ(1688.com)中国企業向けの卸売販売モール

 

2つの中国最大の電子商取引サイトを活用して、日本企業が販路拡大する弊社のフルサポートの運営代行サービスを実践的にお伝えします!

 

 

セミナーの詳細・お申込みはこちらから

~中国語不要!ネットで簡単進出~

【爆買い×越境EC!】タオバオ・アリババ出店セミナー

 

【大阪会場】2017年10月26日(木)  ※受付開始

【東京会場】2017年11月17日(金) ※満席のため受付終了

※キャンセル待ちをご希望の方はお電話ください。

 

https://taobao-support.net/seminar/taobao-alibaba-seminar/

 

皆さまお誘いあわせの上、是非「今すぐ」上記リンク先の申し込みフォームへ
ご記入の上、「送信」をクリックして最新情報を手に入れてください。

 

中身の濃い具体的な事例を話しますので「限定8名」です!
お席が無くなりましたらご容赦ください。

 

「タオバオで稼ぐ! 初心者から始める 中国輸出の教科書」 発売開始!

 

中国EC最大のイベントである「独身の日」の11月11日に発売開始されました。

 

弊社代表の橋谷が「タオバオ」の出店申請、出品方法から運営方法まで

ノウハウを図解で解説しました。

 

【読者限定!「中国進出に役立つ5大資料全員プレゼント」】

 

本書をお買い上げ頂きました全員の方に、下記の最新市場データや
EMSで中国向けに発送する時に便利なツールなどをダウンロードして
活用して頂けるようにご用意しました!


★本書の読者特典一覧


・特典1 「タオバオ最新情報!カテゴリ別人気ブランドTOP20調査データ」

中国ECマーケットのトレンドを徹底分析した最新のタオバオ市場調査データです。
主要なカテゴリごとの販売個数、売上総額など様々な実際の調査データをまとめています。
タオバオでの販売商品や、カテゴリの選定に迷った時などにご活用ください。

 

・特典2 「アリペイ送金・出金操作マニュアル」

すべての操作手順を画面で徹底解説しました。
初心者でも簡単に送金、出金の操作ができるマニュアルです。
操作ボタンの中国語もすべて日本語訳をしましたので、間違うことなく送金や出金が
できるようにご用意しました。

 

・特典3 「アリペイに複数の銀行口座を紐づける方法」

タオバオでの売上を日本円で回収するためには、複数の銀行口座を
アリペイと紐づける設定が必要になります。
操作で間違えやすい部分も画面で徹底解説しましたので
ぜひ活用してください。
※アリペイとは、タオバオを運営するアリババグループの
決済サービスです!電子マネーと近いイメージです。

 

・特典4 「EMSマイページ用タオバオ注文CSV変換ツール」

中国向けの発送で一番使われる郵便局のEMS(国際スピード便)の伝票を
プリンターで簡単に印字できるのが「EMSマイページサービス」です。
このツールを使えば、難しい中国語住所を手書きする必要がなくなり、
大量注文での伝票印字も一括処理が可能になります。

 

・特典5 「タオバオ販売禁止商品一覧表(中国語・日本語訳)」

知らずにタオバオで出品して販売してしまうと違反警告や
ペナルティを受けることもあるので注意が必要です。
タオバオでの販売禁止商品を把握することは、非常に重要です。
この特典資料で禁止商品を確認し、違反にならない商品を
出品するように活用してください。

 

読者特典の入手方法は簡単です。
Amazonで拙著をご注文頂き、手元に届きましたら書籍の巻頭記載の
読者特典ダウンロードURLを確認して入手してください。

 

 

無料診断をご希望の方はこちら

 

 

詳しい説明をご希望の方へ

 

「もっと詳細に内容を知りたい!」と、ご希望の方は下記のお問合せフォームまたは、
電話などで、お気軽にお問合せください。

 

お問合せのみでも大歓迎です。丁寧に説明させて頂きます。

 

無料診断をご希望の方はこちら

お気軽にお電話ください

コメントを残す

Facebook Comments