2017/04/10

インターネットの発展に伴って、インターネット経済、

特に中国インターネット経済の発展は世界経済発展の重要な役割を担っています。

 

このような状況で、大企業レベルのEC発展だけでなく、

個人のオンラインショッピングというレベルにおいても、影響が及んでいます。

 

例えば、みなさんご存知の個人信託である「芝麻信用(ゴマ信託)」では、

B類店舗で信用調査評価システムが必要です。

 

これらの信用調査評価システム利用によって、企業誠信等レベルのスコアがつけられ、

併せて将来的には徐々に企業の価値と権益への信用を向上させることができます。

 

企業誠信システムとは?

アリババ企業誠信システムは、貿易サービスを中心にしており、

中小企業が社会活動の中で孤立して保持していたデータを集約するようサポートし、

ビッグデータテクノロジーで企業信用情報を客観的に提示します。

 

企業の副次的営業許可証であり、企業が阿里巴巴(アリババ)EC環境の中で、

第一次認証を得た後、企業が阿里巴巴(アリババ)B2B業務の各分野に

参加できるようにします。サービスにかかるコストを下げるのに役立ちます。

 

企業誠信レベルとは?

企業誠信レベルは社会経済生活における客観的情報総合評価から、計算し割り出します。

 

情報の種類は以下の5つが挙げられます。

 

・基本情報

・法定代表者、海外企業信用記録(該当企業が中国国外の企業である場合、

その企業が登録している国の企業信用記録)

・貿易行為

・金融行為

・商業行為

 

(1)基本情報:企業は政府の監督管理機関とその他のルート(アリババプラットホーム等)届出、認証或は保存している基本情報(企業登録資本金、企業成立の日付、

実地或は実名登録を行っているか、支付宝(アリペイ)とバンドリングしているか等)

 

(2)法定代表者:企業法定代表者の基本情報及び個人信用記録の状況。

海外企業信用記録:企業が登録している国における基本状況及び信用記録の状況。

 

(3)貿易行為:企業オンラインオフラインの貿易注文記録、

及び貿易もめごととクレームプロセスにおける行為記録

 

(4)金融行為:企業信用貸付

企業信用貸付機構とアリババ等プラットホーム上における金融貸付記録、

及び期限内に返済したかに関する記録

 

(5)商業行為:ビジネスパートナーの信用状況も企業信用に影響を与えます。

ビジネスパートナーには企業の原材料サプライチェーン、

小売商、ダウンストリームユーザー等を含みます。

 

上記の各方面からの算出された優先度は異なります。

評価優良化に応じて、調整を図りましょう。

あなたの企業誠信レベルに注意し、

レベルの上昇に応じてあなたの誠信点数も向上するように努力しましょう。

 

レベル

点数

AAA

700-950

AA

650-700

A

600-650

BBB

550-600

BB

350-550

 

誠信レベル

誠信レベルは検索ランキング、アクセス分配、プロモーションキャンペーンの機会等で

変数を優先判断します。タスクカードを使って企業誠信レベルをアップグレードできます。

 

企業誠信システムの用途とは?

1、より容易に店舗、顧客同士の信用を高め、注文数が増加するようサポートします。

例えば、サプライチェーン、誠信レベルの高い企業は、

提供される信用保障サービス額も高いものです。

 

誠信レベルの高い企業は往々にしてスピーディな信用保障サービス、

返品返金をシステムから提供されるので、

顧客にとってもたくさんのメリットがあると言えるでしょう。

 

2、さらに効率よくローンの貸付を受けることができます。

さらに高い与信限度額設定、或は、さらに低利子での貸し付けが可能です。

同規模のライバル企業に差をつけることができるでしょう。

 

3、誠信レベルの高い企業は、通関、税務監督管理方面でも

様々な便利なパブリックサービスを活用できます。

 

企業誠信システム基本機能とは?

1、企業誠信システム入口

 

(1)ここをクリック 企業誠信システムxinyong.1688.com

  1688のアカウントでログイン。

1

 

 (2) 1688ウェブサイト内の「我的阿里(マイアリババ)」

「誠信金融」を選択、「企業信用」をクリック。

 

2

 

2.  誠信システムトップページにてログイン。

 

3

 

(1) アカウントとパスワードを入力してログイン。

 

アリババ企業誠信システムのバックグラウンドで既定のトップページ上では、

6つのタグがあるはずです。

 

①誠信履歴、②誠信管理、③誠信サービス、

左側には④お知らせ、⑤アカウント管理、⑥ログアウト

 

 

(2) 誠信履歴ページつまり誠信レベル情報公開のページにて、

自分の現在の誠信レベルを見ることができます。

 

同時に、会社の名称、商工登録番号、法定代表者及び信用レベルの更新時間が表示されます。

 

(3) 「信用レベルの向上」をクリックすると、

「成長記録」からリンクして「誠信管理」ページにジャンプ。

誠信レベル向上の記録等を見ることができます。

 

(4) ファイルの共有:「ファイル共有」をクリックすると、

共有に関するお知らせページが開きます。

4

必要に応じて、WeChat、ウェイボー、Twitter、Facebookなど

SNSに情報をアップロードできます。

 

(5) トップページの下部には、クレーム受付があります。

疑問がある場合は、ここを利用しましょう。

 

誠信管理プレートとは?

ここでは、企業誠信システム内でのレベルアップの方法、信用関係管理、

リスクリスト管理等の機能を提供します。

 

5

 

(1)信用レベルアップ

 

信用レベルアップには、すべてのファンダメンタルズ情報、法定代表者に関する情報、

貿易行為に関する情報、商業関係の情報、金融行為に関する情報が含まれます。

 

対応するタグをクリックし、情報を補足できます。

情報が豊富であればあるほど、誠信レベルを向上できます。

 

a)「基礎情報を補足」をクリックすると、情報を記入するページにジャンプします。

これには、納税人の識別番号、組織機構コード証書、企業社会保険登記番号、

統一社会信用コードが含まれます。記入後、保存をクリックして完了です。

6

一旦記入するとその後の修正はできません。正確に記入してください。

万一、間違って記入した場合、企業誠信システムトップページで

オンラインクレーム係に連絡してください。

 

b)法定人授権が指すのは、会社の法定代表者がアリババプラットホームに

個人情報を授権委託することを指します。(ゴマ信用情報等)

 

7

 

c)貿易行為情報:インボイスをアップロード。

 

8

 

d)商業関係の情報:企業経済活動において発行した領収証、

商業関係におけるデータをアップロードできます。誠信レベル向上にプラスになります。

 

(2)成長記録:あなたが情報を補足した情報によって

      レベルアップした等の記録を図で示します。

 

マイクレーム:マイクレームは主に顧客からの自分の誠信レベルに対する

       異議申し立てに関する記録を閲覧、問い合わせができます。

 

9

 

 

信用関係の管理:信用関係管理には信用報告申請と信用動向購読が含まれます。

        信用報告申請には有効期限内の申請、検査中の記録と

        すでに期限切れになった申請について記録されています。

 

有効期限に関連して、自分の信用報告を申請人に提出後、

申請人が30日以内に信用報告を調べるのは制限を受けないというルールと、

有効期限は30日と定められており、自分で設定し直すことはできません。

 

検査中の状態とは、申請中の信用報告であり、相手は拒否、同意のいずれかを

未だ決定していない状態です。

 

期限切れが指すのは、有効期限である30日を過ぎていることを意味し、

信用報告を参照することはできません。

 

10

 

信用動向購読とは、自分が関心のある会社の信用動向購読をすることを意味します。

これは、信用報告とは異なるものです。

 

信用報告は、詳細な信用報告であり、多方面の情報を含みます。

信用動向は、対象の三方面からの変動を明らかにしているものです。

 

三方面とは、

第一に、営業許可証の会社名称、法定代表者、登録、カテゴリの変化。

第二に、取引行為における異常な変化、例えば、大量の返品交換があったことなど。

第三に、マイナスの情報、例えば、該当店舗が裁判所によって違反行為があると

判断された等。

 

それで、対象企業にこれらの変化がある際には

「お知らせセンター」→「動向購読」にて変化があったことをお知らせします。

 

11

 

4.誠信サービス

誠信サービスは顧客の誠信レベルに基づき提供する権益サービスです。

国内貿易サービス、越境貿易サービス、金融サービス、第三者サービス等が含まれます。

今後はさらにサービスの種類が充実し、真に「誠心誠意」のサービスを目指します。

 

5.お知らせセンター:システムからのお知らせ機能、クリックすると、

          お知らせセンターのページが開きます。

 

わたしの申請:申請し、他人の記録を調べることができます。

他人の申請:他人がわたしの記録を調べることができます。

動向購読:自分が購読予約した各方面からの信用変化

クレーム動向:自分のレベルに不満がある場合、クレームを上げることができます。

 

 

 

「タオバオで稼ぐ! 初心者から始める 中国輸出の教科書」 発売開始!

 

中国EC最大のイベントである「独身の日」の11月11日に発売開始されました。

 

弊社代表の橋谷が「タオバオ」の出店申請、出品方法から運営方法まで

ノウハウを図解で解説しました。

 

【読者限定!「中国進出に役立つ5大資料全員プレゼント」】

 

本書をお買い上げ頂きました全員の方に、下記の最新市場データや
EMSで中国向けに発送する時に便利なツールなどをダウンロードして
活用して頂けるようにご用意しました!


★本書の読者特典一覧


・特典1 「タオバオ最新情報!カテゴリ別人気ブランドTOP20調査データ」

中国ECマーケットのトレンドを徹底分析した最新のタオバオ市場調査データです。
主要なカテゴリごとの販売個数、売上総額など様々な実際の調査データをまとめています。
タオバオでの販売商品や、カテゴリの選定に迷った時などにご活用ください。

 

・特典2 「アリペイ送金・出金操作マニュアル」

すべての操作手順を画面で徹底解説しました。
初心者でも簡単に送金、出金の操作ができるマニュアルです。
操作ボタンの中国語もすべて日本語訳をしましたので、間違うことなく送金や出金が
できるようにご用意しました。

 

・特典3 「アリペイに複数の銀行口座を紐づける方法」

タオバオでの売上を日本円で回収するためには、複数の銀行口座を
アリペイと紐づける設定が必要になります。
操作で間違えやすい部分も画面で徹底解説しましたので
ぜひ活用してください。
※アリペイとは、タオバオを運営するアリババグループの
決済サービスです!電子マネーと近いイメージです。

 

・特典4 「EMSマイページ用タオバオ注文CSV変換ツール」

中国向けの発送で一番使われる郵便局のEMS(国際スピード便)の伝票を
プリンターで簡単に印字できるのが「EMSマイページサービス」です。
このツールを使えば、難しい中国語住所を手書きする必要がなくなり、
大量注文での伝票印字も一括処理が可能になります。

 

・特典5 「タオバオ販売禁止商品一覧表(中国語・日本語訳)」

知らずにタオバオで出品して販売してしまうと違反警告や
ペナルティを受けることもあるので注意が必要です。
タオバオでの販売禁止商品を把握することは、非常に重要です。
この特典資料で禁止商品を確認し、違反にならない商品を
出品するように活用してください。

 

読者特典の入手方法は簡単です。
Amazonで拙著をご注文頂き、手元に届きましたら書籍の巻頭記載の
読者特典ダウンロードURLを確認して入手してください。

 

 

無料診断をご希望の方はこちら

 

 

近日開催のセミナーのお知らせ

 

~中国語不要!ネットで簡単進出~

【爆買い×越境EC!】タオバオ・アリババ出店セミナー

 

中国語ができなくても、現地に進出せずに日本に居ながらにして

消費の沸騰する13億の中国市場に向けてネットで簡単に販売する事ができる方法があります。

 

・淘宝(タオバオ) 中国人消費者向けの小売販売モール

・アリババ(1688.com)中国企業向けの卸売販売モール

 

2つの中国最大の電子商取引サイトを活用して、日本企業が販路拡大する弊社のフルサポートの運営代行サービスを実践的にお伝えします!

 

 

セミナーの詳細・お申込みはこちらから

~中国語不要!ネットで簡単進出~

【爆買い×越境EC!】タオバオ・アリババ出店セミナー

 

 

【東京会場】2017年4月05日(水) ※残り1名です。 

【北海道会場】2017年6月8日(木) ※受付開始。

 

https://taobao-support.net/seminar/taobao-alibaba-seminar/

 

皆さまお誘いあわせの上、是非「今すぐ」上記リンク先の申し込みフォームへ
ご記入の上、「送信」をクリックして最新情報を手に入れてください。

 

中身の濃い具体的な事例を話しますので「限定8名」です!
お席が無くなりましたらご容赦ください。

 

 

詳しい説明をご希望の方へ

 

「もっと詳細に内容を知りたい!」と、ご希望の方は下記のお問合せフォームまたは、
電話などで、お気軽にお問合せください。

 

お問合せのみでも大歓迎です。丁寧に説明させて頂きます。

 

無料診断をご希望の方はこちら

お気軽にお電話ください

コメントを残す

Facebook Comments