2017/12/22

 

 

中国国内では支付宝(アリペイ)と WeChatPayはモバイル決済の2大巨頭です。

 

今年のダブル12において、支付宝(アリペイ)は

香港のオフラインマーケットつまり実店舗における大々的なプロモーションを展開しました。

 

支付宝(アリペイ)香港おサイフサービス“支付宝HK”を含む

4形態の支付宝(アリペイ)海外電子決済が初のダブル12に参加しました。

 

アリ螞蟻金融サービスグループの提供するデータによると、ダブル12当日である12月12日、中国国外で支付宝(アリペイ)を使用したユーザーは昨年の同じ時期の2.5倍

になりました。

 

さらに、12月13日テンセントは中国銀行(香港)の口座をもつユーザーが

“WeChatPay HK”(WeChat香港)を利用できるようになることを発表しました。

 

WeChatPayが利用されるのは、WeChatのユーザーであるというのが絶対の前提です。

ですから、中国国内ではユーザーがとても多い状況です。

中国国外ではWeChat利用者は少ないので当然WeChatPayもその数に応じたものです。

 

支付宝(アリペイ) in HongKongの実態とは?

香港人の習慣は、日本と同じく現金払いです。

例えば、タクシードライバーを例にとってもわかるように、

香港のタクシードライバーは一般的に年齢高めです。

 

それで、彼らは、インターネット決済にかかる費用と支払われた金額を

自分が受け取れるまでの時間の長さを気にしています。

 

 

現在、香港人の消費習慣に浸透している三大ツールは現金払いとクレジットカード、

それに加わっているのが交通機関で使え、

小銭入れとしての機能も兼ね備えたOctopus Cardです。

 

このような状況下ですが、支付宝(アリペイ)は新天地で奮闘しており、

今や香港のレストラン、交通各社と提携し、使用できるシーンは日に日に増加

しています。

 

例えば、2017年8月16日には

香港グルメApp OpenRiceと支付宝(アリペイ)決済が提携し、利用可能となりました。

 

OpenRiceはApp内で支付宝(アリペイ)の店頭払い機能を利用可能としました。

現時点で、OpenRiceで支付宝(アリペイ)の店頭払い機能を利用可能な店舗は

1,000店舗近くあります。

 

香港人ユーザーの多くは個人情報の管理に敏感です。

それで、香港版の支付宝(アリペイ)には、現金チャージをして利用するという

中国国内には提供されていない機能が付加されています。

 

この機能によって、香港人ユーザーが心配している

銀行の個人情報保護に関する問題が解決されました。

 

支付宝(アリペイ)と WeChatPay香港のマーケットをどう開拓するか

香港のマーケットには、もちろん新入りの支付宝(アリペイ)と WeChatPay以外に、

香港で利用されているモバイル決済サービスが存在します。

 

しかし、Octopus Card以外の普及率は高くありません。

支付宝(アリペイ)の開拓しようとする先々にOctopus Cardが既に存在します。

 

2016年の八达通会社の業績報告によると、

交通カードとして誕生したOctopus Cardは今や3280万枚流通しています。

毎日の平均取引数は1410万件に上り約2万店舗で、Octopus Cardが利用可能です。

 

2016年4月にOctopus Cardはモバイル決済サービス“O!ePay好易畀”をスタートしました。

またApple Payは現在Octopus Cardと提携しています。

 

 

モバイル決済マーケットにおいては支付宝(アリペイ)の発展する可能性が

一番大きいのではないかと考えられています。

 

現在すでに香港のタクシー、街角のあちこちで香港人の生活に浸透している様子が

見受けられています。支付宝(アリペイ)の提供する優待も大きな魅力なのでしょう。

 

アリ螞蟻金融サービスは、三年以内にユーザーの30%は中国国外になるのではないかと

予測しています。

 

 

さらに、2025年までに全世界において、支付宝(アリペイ)ユーザーは20億人に達する、

つまり世界中で4人に1人が支付宝(アリペイ)ユーザーになるのではないかと予測しています。

 

中国越境ECオンライン勉強会

 

近日開催のセミナーのお知らせ

 

~中国越境EC オンライン勉強会~

「タオバオ&アリババ」ZOOMオンラインセミナー

 

中国語ができなくても、現地に進出せずに日本に居ながらにして

消費の沸騰する14億の中国市場に向けてネットで簡単に販売する事ができる方法があります。

 

・淘宝(タオバオ) 中国人消費者向けの小売販売モール

・アリババ(1688.com)中国企業向けの卸売販売モール

 

2つの中国最大の電子商取引サイトを活用して、日本企業が販路拡大する弊社のフルサポートの運営代行サービスを実践的にお伝えします!

 

 

セミナーの詳細・お申込みはこちらから

~中国越境EC オンライン勉強会~

「タオバオ&アリババ」ZOOMオンラインセミナー

https://taobao-support.net/seminar/chinaec-online-seminar/

 

中国向け越境ECの運営代行を10年以上続けているナセバナルの橋谷が

2回に分けてWEBセミナー形式でばっちりお伝え致します。

 

まずは気軽に、ご自宅から参加可能な「オンラインセミナー」で

「最新情報」と「5大特典」を手に入れてください。

 

【参加5大特典】中国越境EC オンラインセミナー

■参加特典その1 中国越境ECの資料(PDF)
■参加特典その2 中国EC市場調査を無料でします!

■参加特典その3 オンラインセミナーの録画データ

■参加特典その4 無料個別相談(zoomで90分)

■参加特典その5 業界初の売上保証!

 

今だけ参加費無料!

 

「タオバオで稼ぐ! 初心者から始める 中国輸出の教科書」 発売開始!

 

中国EC最大のイベントである「独身の日」の11月11日に発売開始されました。

 

弊社代表の橋谷が「タオバオ」の出店申請、出品方法から運営方法まで

ノウハウを図解で解説しました。

 

【読者限定!「中国進出に役立つ5大資料全員プレゼント」】

 

本書をお買い上げ頂きました全員の方に、下記の最新市場データや
EMSで中国向けに発送する時に便利なツールなどをダウンロードして
活用して頂けるようにご用意しました!


★本書の読者特典一覧


・特典1 「タオバオ最新情報!カテゴリ別人気ブランドTOP20調査データ」

中国ECマーケットのトレンドを徹底分析した最新のタオバオ市場調査データです。
主要なカテゴリごとの販売個数、売上総額など様々な実際の調査データをまとめています。
タオバオでの販売商品や、カテゴリの選定に迷った時などにご活用ください。

 

・特典2 「アリペイ送金・出金操作マニュアル」

すべての操作手順を画面で徹底解説しました。
初心者でも簡単に送金、出金の操作ができるマニュアルです。
操作ボタンの中国語もすべて日本語訳をしましたので、間違うことなく送金や出金が
できるようにご用意しました。

 

・特典3 「アリペイに複数の銀行口座を紐づける方法」

タオバオでの売上を日本円で回収するためには、複数の銀行口座を
アリペイと紐づける設定が必要になります。
操作で間違えやすい部分も画面で徹底解説しましたので
ぜひ活用してください。
※アリペイとは、タオバオを運営するアリババグループの
決済サービスです!電子マネーと近いイメージです。

 

・特典4 「EMSマイページ用タオバオ注文CSV変換ツール」

中国向けの発送で一番使われる郵便局のEMS(国際スピード便)の伝票を
プリンターで簡単に印字できるのが「EMSマイページサービス」です。
このツールを使えば、難しい中国語住所を手書きする必要がなくなり、
大量注文での伝票印字も一括処理が可能になります。

 

・特典5 「タオバオ販売禁止商品一覧表(中国語・日本語訳)」

知らずにタオバオで出品して販売してしまうと違反警告や
ペナルティを受けることもあるので注意が必要です。
タオバオでの販売禁止商品を把握することは、非常に重要です。
この特典資料で禁止商品を確認し、違反にならない商品を
出品するように活用してください。

 

読者特典の入手方法は簡単です。
Amazonで拙著をご注文頂き、手元に届きましたら書籍の巻頭記載の
読者特典ダウンロードURLを確認して入手してください。

 

 

無料診断をご希望の方はこちら

 

 

詳しい説明をご希望の方へ

 

「もっと詳細に内容を知りたい!」と、ご希望の方は下記のお問合せフォームまたは、
電話などで、お気軽にお問合せください。

 

お問合せのみでも大歓迎です。丁寧に説明させて頂きます。

 

無料診断をご希望の方はこちら

お気軽にお電話ください

コメントを残す

Facebook Comments