2018/06/29

 

中国の各都市においてモバイル決済による交通機関の利用が

可能になっているのは周知の事実ですが、

中国国民のライフツールであるアリペイが、

日本のオリックスグループと提携し沖縄の交通機関で

モバイル決済が可能となる日も間近なようです。

 

検証実験は今月、2018年6月に開始します。

 

中国のモバイル決済が日本の交通機関で利用可能となるのは初であり、

日本のメディアも注目するニュースとなりました。

 

「中国の巨人攻めてくる」急いで対応を!!

6月21日の「産経新聞」1面トップにも大きくとりあげられ

「中国の巨人攻めてくる」というタイトルがつけられました。

 

 

報道によると、

中国では非常に普及しているQRコードをかざすという方法のモバイル決済ですが、

決算時に時間がかかるという理由から、

目下日本の交通機関の自動改札機では使用されていません。

 

しかし今回沖縄の試験では高速決算システムが使用され、

乗車チケットのQRコード読み取り自動改札機を改造した

アリペイ規格のQRコードが読み取れるものを使用して

6月22日から7月20日までテストが行われました。

 

アリババグループでは、

今後中国人旅行者がスマホで「ピッ」と手軽に素早く改札口を通過する様子を見た日本人が徐々に使用するようになり、

こうして日本でもアリペイが普及していくのではないかと考えています。

 

 

報道によると、中国を中心とするアリペイは、

全世界にすでに6億人以上のユーザーを持っていて、

超巨大な世界的決済システムとなっています。

 

今年の春にはアリペイ(支付宝)「日本版」をリリースする予定となっていましたが、

消費者の購入情報が中国に流れることを懸念する日本の各金融機構からの支持が得られず、

計画の実現はこれまで延期になっています。

 

2015年秋、中国人旅行者が日本で便利に決済できるよう

アリペイは日本に正式に導入されました。

 

これまで、アリペイに加入している日本のコンビニ、百貨店、ドラッグストア等の店舗は既に5万件を超え、加盟店舗数はさらに増え続けています。

 

記事によると、今回アリペイによる沖縄の交通機関での試験で成果が見られれば、

沖縄以外の場所でもプロモーションしていく予定である、とのことです。

 

現在の自動改札機を改造するには一定のコストがかかりますが、

さらに多くの中国人旅行者を呼び込めることや、沿線にもたらす経済効果を考えると、

日本各地にもアリペイに対する期待感が溢れています。

 

日本でのユーザーを増やしたい「中国の巨人」の抱える難題とは?

 

しかし、アリペイ(支付宝)が日本で普及するためには

「ユーザーが中国金融機関の口座を持たなければならない」

というクリアしなければならない大きな問題があります。

 

これに関して、アリババグループは日本の金融機関の協力を仰ぎ、

アリペイ(支付宝)と日本の金融機関の口座をバンドリングできないかどうか模索しています。

 

しかし、ユーザーの個人情報が中国に流れることを心配があり、

金融機関からの協力の申し出は、今のところ得られていません。

 

日本経済産業省の統計によると、中国の非現金決済比率はすでに60%を超えており、

それに対して日本はまだ18%に過ぎないとのことです。

 

日本の各大型金融機関も提携して日本版のQRコード決済システムをリリースしましたが、

この面ですでに巨大な経験と実績を持つ中国企業に対し、

日本企業が太刀打ちするのは簡単なことではありません。

 

中国越境ECオンライン勉強会

 

近日開催のセミナーのお知らせ

 

~中国語不要!ネットで簡単進出~

【爆買い×越境EC!】タオバオ・アリババ出店セミナー

 

中国語ができなくても、現地に進出せずに日本に居ながらにして

消費の沸騰する14億の中国市場に向けてネットで簡単に販売する事ができる方法があります。

 

・淘宝(タオバオ) 中国人消費者向けの小売販売モール

・アリババ(1688.com)中国企業向けの卸売販売モール

 

2つの中国最大の電子商取引サイトを活用して、日本企業が販路拡大する弊社のフルサポートの運営代行サービスを実践的にお伝えします!

 

 

セミナーの詳細・お申込みはこちらから

~中国語不要!ネットで簡単進出~

【爆買い×越境EC!】タオバオ・アリババ出店セミナー

 

【福岡会場】2018年8月22日(水) ※残席6名

https://taobao-support.net/seminar/taobao-alibaba-seminar/

 

皆さまお誘いあわせの上、是非「今すぐ」上記リンク先の申し込みフォームへ
ご記入の上、「送信」をクリックして最新情報を手に入れてください。

 

中身の濃い具体的な事例を話しますので「限定8名」です!
お席が無くなりましたらご容赦ください。

 

「タオバオで稼ぐ! 初心者から始める 中国輸出の教科書」 発売開始!

 

中国EC最大のイベントである「独身の日」の11月11日に発売開始されました。

 

弊社代表の橋谷が「タオバオ」の出店申請、出品方法から運営方法まで

ノウハウを図解で解説しました。

 

【読者限定!「中国進出に役立つ5大資料全員プレゼント」】

 

本書をお買い上げ頂きました全員の方に、下記の最新市場データや
EMSで中国向けに発送する時に便利なツールなどをダウンロードして
活用して頂けるようにご用意しました!


★本書の読者特典一覧


・特典1 「タオバオ最新情報!カテゴリ別人気ブランドTOP20調査データ」

中国ECマーケットのトレンドを徹底分析した最新のタオバオ市場調査データです。
主要なカテゴリごとの販売個数、売上総額など様々な実際の調査データをまとめています。
タオバオでの販売商品や、カテゴリの選定に迷った時などにご活用ください。

 

・特典2 「アリペイ送金・出金操作マニュアル」

すべての操作手順を画面で徹底解説しました。
初心者でも簡単に送金、出金の操作ができるマニュアルです。
操作ボタンの中国語もすべて日本語訳をしましたので、間違うことなく送金や出金が
できるようにご用意しました。

 

・特典3 「アリペイに複数の銀行口座を紐づける方法」

タオバオでの売上を日本円で回収するためには、複数の銀行口座を
アリペイと紐づける設定が必要になります。
操作で間違えやすい部分も画面で徹底解説しましたので
ぜひ活用してください。
※アリペイとは、タオバオを運営するアリババグループの
決済サービスです!電子マネーと近いイメージです。

 

・特典4 「EMSマイページ用タオバオ注文CSV変換ツール」

中国向けの発送で一番使われる郵便局のEMS(国際スピード便)の伝票を
プリンターで簡単に印字できるのが「EMSマイページサービス」です。
このツールを使えば、難しい中国語住所を手書きする必要がなくなり、
大量注文での伝票印字も一括処理が可能になります。

 

・特典5 「タオバオ販売禁止商品一覧表(中国語・日本語訳)」

知らずにタオバオで出品して販売してしまうと違反警告や
ペナルティを受けることもあるので注意が必要です。
タオバオでの販売禁止商品を把握することは、非常に重要です。
この特典資料で禁止商品を確認し、違反にならない商品を
出品するように活用してください。

 

読者特典の入手方法は簡単です。
Amazonで拙著をご注文頂き、手元に届きましたら書籍の巻頭記載の
読者特典ダウンロードURLを確認して入手してください。

 

 

無料診断をご希望の方はこちら

 

 

詳しい説明をご希望の方へ

 

「もっと詳細に内容を知りたい!」と、ご希望の方は下記のお問合せフォームまたは、
電話などで、お気軽にお問合せください。

 

お問合せのみでも大歓迎です。丁寧に説明させて頂きます。

 

無料診断をご希望の方はこちら

お気軽にお電話ください

 

コメントを残す

Facebook Comments