2019/01/12

ショッピングモールの開設は今一番ホットな話題です。

今日は開設した微店(WeChat Shop)の経営のノウハウについて解説していきたいと思います。

 

最新情報によると、日用消費財B2Bプラットフォームショッピングモールが

巨額のシリーズCラウンド投資を得たとのことです。

 

具体的な融資額は不明ですが、東方ベンチャーキャピタル、チベット五星誠瑞投資管理会社、棠篆インターネットなどが投資したようです。

これより前に店達モールは

それぞれ800万ドル(8億9,900万円)のシリーズAラウンド増投資、

8,000万ドル(89億9,000万円)のシリーズBラウンド投資を得ています。

 

今のところ、モールの商品は長江デルタ地域の30以上の都市をカバーし、

企業もものすごいスピードで発展しています。

 

もし微信(WeChat)上でECビジネスをしようと思うなら

WeChatモールはとても良い選択となります。

 

WeChatモールの基本機能や経営ノウハウについて

 

WeChatモールについては大部分の人があまりよく理解していないと思います。

現金化できるカリキュラムはすべて試してきたとしても、

ECビジネスに特化した企業であればこのWeChatモールは

必然的に持っておくべき一つのチャンネルとなります。

 

結局のところこれは微信(WeChat)上で商品を販売するもので、

タオバオにはできないことができるのです。

 

実際にWeChatモール経営者の実際の経験をシェアしたいと思います。

 

私(経営者A氏)がカリキュラムを運営している時、

WeChatモールで仮想商品を販売していました。

 

カリキュラムの引換えコードを販売し、

キャンペーンを打ってユーザーの転化を刺激したのですが、これが上々の効果を上げました。

 

後に同じくWeChatモールで花茶の販売もしていた時期もあります。

今日はこの時の経験をまとめてみたいと思います。

 

今日はこれまでのWeChatモール運営の経験を通して

学んだことをシェアしたいと思いますが、

まず個人の副業として、お小遣い稼ぎのために

WeChatモールを利用したいと思っている皆さんが

よく理解できるよう二つの点を説明したいと思います。

 

その後企業のみなさんに特に役立つと思われる四つの点を解説していきたいと思います。

 

個人の副業、お小遣い稼ぎWeChatモールを利用したいと思っている方へ2つのポイント

 

一、WeChatモールの位置付け

 

WeChatモールとは、微信(WeChat)ECビジネスの現金化のためのツールです。

実のところ他にも銷客多や点点客など似たようなツールはあるのですが、

WeChatモールを選択すべきメリットとして、

一つ目に無料であるということが挙げられます。

 

ちなみに銷客多は一年に4,999元(8万円)もかかり、

すぐにアンインストールしてブラックリスト入りでした。

 

二つ目に騰訊粑粑が投資していることで、

内輪の人であれば微信(WeChat)上での権限がありますので、

例えばタオバオの商品を微信(WeChat)上でリンクをシェアできず、

吱口令を使うしかないというような状況がありません。

 

WeChatモールの最大のメリットはその代理販売チャンネルです。

 

私が花茶を販売していた時タオバオではなくWeChatモールを選択したのですが、

その際重視したのはその代理販売のビジネスモデルでした。

 

私たちが自分で作った商品であり、

サプライヤーでもあるのでスーパーマーケットを含め販売ルートの開拓が必須なわけですが、WeChatモールには微信(WeChat)代理販売という新しいビジネスモデルがあり、

事実上微信(WeChat)上の幾百万というユーザーが自分のために

代理販売をいともたやすく行ってくれるのです。

 

以前あるECビジネスプラットフォームが代理販売のビジネスモデルを行い、

あるステーキを重点的にプロモーションして

一日で数十万個を売り上げたことがあったのですが、

それはユーザー一人ひとりがプロモーションした結果でした。

 

WeChatモールでも同じことが期待できるわけです。

 

二、WeChatモール基本機能の紹介

 

一つのECビジネスプラットフォームには

どれも「商品管理」「発注管理」「営業プロモーション」「店舗装飾と補助機能」

といった基本的なツールが含まれています。

 

次に図なども使いながらこれらの機能について説明したいと思います。

 

ちなみに、WeChatモール上で商品の出品や撤去、キャンペーンの設定、

商品の編集を行う場合、モバイル版の方がPC版より幾らか効率よく作業できます。

 

私が花茶を出品した時、最初の商品はPC版で操作して10分かかりましたが、

残りの9品はモバイル版で操作して30分で済みました。

 

 

商品管理:

WeChatモールの商品管理には、商品の追加、ロット管理、分類管理のメニューがあり、

また各商品の下にプレビュー、分析、プロモーション、シェアの四つの機能があります。

 

(↓この図は他サイトから引用したもの)

 

 

これら基本機能は今さら説明するまでもないと思いますので、

今日はシェア機能について重点的に説明したいと思います。

 

なぜかと言うと、微信(WeChat)上でプロモーションする時

商品を追加後に微信(WeChat)で友人にシェアできるのですが、

ユーザーが受け取るのは微信(WeChat)アプレット上で、

しかもシェアする時にHTML5のページで受け取ることになるため、

とても見にくくなってしまうのです。

 

もし微信(WeChat)アプレットを使うなら、

購入過程がHTML5よりも良くなるようにしなければなりません。

 

ユーザーが購入後次に買い物をする際にはプルダウンで微信(WeChat)を開き、

WeChatモールに入れば、微信(WeChat)アプレットを探し出せます。

 

もしHTML5リンクであれば、ユーザーは購入後以前のリンクを探すか、

WeChatモールアプリをダウンロードするかします。

 

以前カリキュラムのプロモーションをしていた時、

あるユーザーから「引き換えコードが受け取れない」とクレームがありました。

原因はその人たちはまだビギナーで

WeChatモールアプリをインストールしていなかったのです。

 

発注の管理:

これは毎回閲覧する度にどれくらい売ったか、

いくらの収益があったか見ることができるのでとても好きなページの一つです。

 

商品を発送後、配送コードを発注書に入力すると「発送済」と表示され、

ユーザーが商品を受け取るとタオバオと同じように自動的に「配送済み」と表示されます。

これはユーザー目線に合わせたサービスと言え、

ユーザーがわざわざ受け取りボタンをクリックしなくても

システムが自動で受け取り確認をしてくれるのです。

 

さらに説明しておきたいのですが、

ユーザーが複数商品を購入し一度で発送できない場合、

発送済みの商品にまずチェックを入れ、

後から発送した商品はその時にチェックを入れれば大丈夫です。

 

私も以前あるユーザーが三つの商品を購入されたのですが、

在庫が二つしかなく一つは工場から発送してもらう必要がありました。

この時WeChatモールでは二つの配送コードが存在していました。

 

営業プロモーション:

これは今回の重点テーマです。

これはとても有用で本当の意味での収益をもたらしてくれます。

 

私の長年の経験によるとユーザーはキャンペーンが大好きで、

あるユーザーなどはもうキャンペーンがないと購入しないようになってしまっています。

 

WeChatモールの営業プロモーションページでは、その効果に応じて配当があり、

新しい顧客を獲得したら、営業ツール(収益アップ)、

インタラクティブシェア(商品露出の増加)、プロモーションサービスや

オフラインキャンペーンなどが行えます。

 

どれも使いこなせばとても良い効果が期待できるものばかりです。

これはWeChatモール運営だけでなく、チャンネル運営、ウェイボー運営も同じです。

 

今回は私が以前使ったことのある機能ばかりを紹介しています。

それ以外にもたくさん機能がありますので、

是非皆さんも自分でいろいろ試してみてください。

 

何か便利で面白い使い方を見つけたらお互いにシェアし合うのもいいですね。

 

以下は企業の方に特に役立つと思われる4つのポイント

 

1、WeChatモール銷客多のグループ購入機能

 

この機能は、当時私がWeChatモールを選択した主な理由の一つです。

WeChatモール銷客多のグループ購入機能は開設に費用がかかりますが、

1ヶ月に18元(280円)、6ヶ月で98元(1,500円)という具合に

長期間使用するとお得になります。

 

もし長期間のキャンペーンをする予定がない場合は1ヶ月の契約がお勧めです。

私がカリキュラム運営をしていた時は1度だけ1ヶ月の契約で使用しました。

 

WeChatモールのグループ購入機能は2~10人までをサポートしていて、

やり方は今人気の拼多多と似ています。

 

わたしは当時、688元(11,000円)のカリキュラムを

3人グループ達成で488元(7,800円)という価格でキャンペーンをしていました。

 

ユーザーはこの優待価格をゲットするために同じく購入を考えている

他のユーザーを連れてきます。

 

あるものを必要としている人が接触を持っている人は、

やはり同じようなものを必要としている、という原理です。

 

例えば英語を勉強している人は、やはり同じく英語を勉強している人たちと接点があります。この時に英語学習カリキュラムのキャンペーンをプロモーションすれば、

これら英語を学習している人たちに幅広く容易に接触できるのです。

 

WeChatモールではこの機能を新機能として定義していますが、

実際には事実上ただの割引キャンペーンになってしまっています。

 

あるユーザーは付き合いの範囲が狭く新しいユーザーを引っ張って来ることができません。

ではこのような場合どうしたらよいでしょうか?

 

このような場合すでに加入しているユーザーグループの中で

一緒に購入するよう声掛けをすることができます。

 

こうすれば、グループ購入ツールを使用するユーザーの大部分はお得意様ですので、

結果的に全員で割引キャンペーンを行うことができます。

この機能を使う際にはぜひ覚えておきたい点です。

 

2、銷客多タイムセールアプレット

 

このアプレットは短時間のうちにかなりのアクセスを引き込めるという利点があります。

 

これは例えば100元(1,600円)のカリキュラムを

限定50名にわずか1元(16円)で提供するので

特に費用面でアクセスを引き付けることができます。

 

実際に購入できるのは一部の人達だけなのですが、

残りの人たちが店舗の他の商品を閲覧して購入することになるかもしれません。

タイムセールアプレットの本質はこの点にあります。

 

このアプレットを上手に使うには二つの点をよく把握しなければなりません。

一つはより多くのユーザーにタイムセールキャンペーンを知ってもらうということです。

 

この点あまり周知ができないようなら

このキャンペーンの意義はほとんどなくなってしまうでしょう。

 

もう一つはアカウントのバンドリングをしっかり行うことです。

WeChatモールはログインが比較的簡単で一つのスマホにつき

一つのアカウントでログインできますが、

例えば一家庭に幾つかスマホがある場合など

一人のユーザーがタイムセールアプレットの幾つかの商品に

同時にアクセスするような状況も生じ得ます。

 

ですから、以前カリキュラムの販売を行っていた時には

このバンドリングを気を付けて管理していました。

 

こうすることで、たとえ一人のユーザーが複数の引換えコードを獲得しても

一回しか使えないようにしてキャンペーンの公平性を確保することができました。

 

もしもこれまでの伝統的な業界であれば、

このタイムセールアプレットから本当に貴重な顧客を得ることができます。

 

以前花茶をリリースしたばかりの時、

投資額が大きかったのでタイムセールキャンペーンを行うつもりはありませんでした。

 

できるにはできたのですが、もし一か月に一度このキャンペーンを行っていたら、

毎回一人の定数であったとしてもやはり大きな利益を上げられていただろうと思います。

 

3、グループ銷客多グループ購入ツール

 

これは簡単に言うと、微信(WeChat)のグループ内で

グループ購入を提起するキャンペーンツールです。

 

例えば、10の定数があって、グループ内で10人参加が成立した場合に

グループ購入が成立しキャンペーン価格で商品が購入できます。

 

このツールの利点は無料であるということです。

開設も比較的簡単で、キャンペーンの開始と終了時間、人数と割引額などを設定して

グループ内で送信するだけです。

 

でも幾つか欠点もあって、表示、特に割引額などの表示が小さく、原価は見えるものの、

よく見ないと割引額が見つけにくく、ユーザーが参加しにくくなってしまいます。

 

またデータ管理ができないため、

キャンペーン送信後バックグラウンドで何人くらい参加しているのかを見ようとしても

そのデータがなく、自分でグループに入ってリンクを開いて初めて

「3人」と分かったこともあります。

 

シェアプロモーション

この機能は花茶を扱った時に初めて使ったのですが、シェア比率を15%に設定するとすぐ、

ユーザーがプロモーションを始めて営業額15%の奨励金を獲得できました。

 

ただこの機能を使って本当にプロモーションしようと思ったら、

サプライヤー申請にも気を配ってしっかり行わなければなりません。

 

営業許可証や生産許可証などの各種証書を提出し、

セルフ供給販売申請なども行わなければなりません。

 

4、満額で送料無料

この機能と設定中の送料設定については、明らかに同じものなのですが、

私も今に至るまでどちらを基準にしたらよいのか今一つ分かりません。

 

花茶を扱っている時にはとりあえずすべて送料無料にしていました。

微店(WeChat Shop)にはこのような落とし穴が幾つかあって、

例えば「キャッシュカードの登録情報を更新したくてもどこでするのか分からない」とか

「レイアウトを変更したいのによくわからず、結局ネットで調べてやっとわかった」

とかいうことが多々あります。

 

以上簡単に幾つかの機能について説明しましたが、まだまだ多くの機能があります。

 

運営の仕事は新しい機能の不断の模索とトライの過程でもあります。

WeChatモール運営を行っている皆さん、ぜひこれからも色々と試してみてください。

 

店舗リフォーム:

これは店舗開設の初期において重要な仕事になります。

これは店舗の植字や設計などを行うことです。

 

WeChatモールでのリフォームとは、

主に店舗の整理やマーケットの中身をリフォームすることを指します。

店舗の整理にはモジュールの設置や枠組みを作ることが含まれます。

マーケットのリフォームには各種スタイルシートや装飾が含まれます。

 

補助機能:

ここでは、経営分析、商学院、サービス等の機能を補助機能として分類しました。

これらは今まで説明した機能に加えてさらに利益を得ることのできるツールで、

例えば商学院ではどうすればさらにたくさんの商品を売り出すことができるか、

どうすればさらにたくさんのユーザーを獲得できるかなど、

要するにどうすればWeChatモールをより良く運営できるかについて学ぶことができます。

時間のある時に見ておくことをお勧めします。

 

サービスの中のある機能、例えば動画営業、購家秀、ロボット、

そして微信(WeChat)公式アカウントサポートなどは研究してみる価値があります。

 

私は以前公式アカウントサポートを研究していた時に

思いがけず新しい機能を発見したことがあります。

 

前の週にわたしの微信(WeChat)公式アカウントバックグラウンドで

たくさんのユーザーが「購入」というメッセージを残しているのをみて、

わたしは以前アップした文章にバックグラウンドで「1」と返信してくれた人に

運営ツールボックスをプレゼントというのがあったのを思い出したのですが、

でも「購入」という設定はした覚えがないので

やはり「これは何だろう?」と思っていたわけです。

 

はじめはこのように返信する人がほとんどいなかったので気にも留めていなかったのですが、このような返信が多くなってくると、何だろうと思って調べてみました。

 

すると「購入」と返信すると店舗リンクが獲得できるということがわかりました。

でもいったいいつこのような設定をしたのか全く身に覚えがありませんでした。

 

あとでよくよく思い返してみると、

WeChatモールバックグラウンドの研究をしている時に

知らずにこの機能をOnにしていたようなのです。

 

もちろんこれは公式アカウントをフォローし始めた時にポップアップで表示されるのですが、すでにフォローしている場合わざわざ表示されることはありません。

 

まとめると、WeChatモールは整った機能を持つ一つのECビジネスチャンネルで、

サラリーマンが片手間に行うのにとても適したスタートアップ型企業です。

 

ある人たちはWeChatモールは難しい、とか上手にできない、とか言いますが、

それはある意味真実です。

 

タオバオなどでも収益を上げられるのはごく一部の店舗に限られます。

 

ですから

 

WeChatモールをよく研究してあらゆる機能に精通し、

上手に運営していくことがポイントです。

 

中国越境ECオンライン勉強会

 

近日開催のセミナーのお知らせ

 

~中国越境EC オンライン勉強会~

「タオバオ&アリババ」ZOOMオンラインセミナー

 

中国語ができなくても、現地に進出せずに日本に居ながらにして

消費の沸騰する14億の中国市場に向けてネットで簡単に販売する事ができる方法があります。

 

・淘宝(タオバオ) 中国人消費者向けの小売販売モール

・アリババ(1688.com)中国企業向けの卸売販売モール

 

2つの中国最大の電子商取引サイトを活用して、日本企業が販路拡大する弊社のフルサポートの運営代行サービスを実践的にお伝えします!

 

 

セミナーの詳細・お申込みはこちらから

~中国越境EC オンライン勉強会~

「タオバオ&アリババ」ZOOMオンラインセミナー

https://taobao-support.net/seminar/chinaec-online-seminar/

 

中国向け越境ECの運営代行を10年以上続けているナセバナルの橋谷が

2回に分けてWEBセミナー形式でばっちりお伝え致します。

 

まずは気軽に、ご自宅から参加可能な「オンラインセミナー」で

「最新情報」と「5大特典」を手に入れてください。

 

【参加5大特典】中国越境EC オンラインセミナー

■参加特典その1 中国越境ECの資料(PDF)
■参加特典その2 中国EC市場調査を無料でします!

■参加特典その3 オンラインセミナーの録画データ

■参加特典その4 無料個別相談(zoomで90分)

■参加特典その5 業界初の売上保証!

 

「タオバオで稼ぐ! 初心者から始める 中国輸出の教科書」 発売開始!

 

中国EC最大のイベントである「独身の日」の11月11日に発売開始されました。

 

弊社代表の橋谷が「タオバオ」の出店申請、出品方法から運営方法まで

ノウハウを図解で解説しました。

 

【読者限定!「中国進出に役立つ5大資料全員プレゼント」】

 

本書をお買い上げ頂きました全員の方に、下記の最新市場データや
EMSで中国向けに発送する時に便利なツールなどをダウンロードして
活用して頂けるようにご用意しました!


★本書の読者特典一覧


・特典1 「タオバオ最新情報!カテゴリ別人気ブランドTOP20調査データ」

中国ECマーケットのトレンドを徹底分析した最新のタオバオ市場調査データです。
主要なカテゴリごとの販売個数、売上総額など様々な実際の調査データをまとめています。
タオバオでの販売商品や、カテゴリの選定に迷った時などにご活用ください。

 

・特典2 「アリペイ送金・出金操作マニュアル」

すべての操作手順を画面で徹底解説しました。
初心者でも簡単に送金、出金の操作ができるマニュアルです。
操作ボタンの中国語もすべて日本語訳をしましたので、間違うことなく送金や出金が
できるようにご用意しました。

 

・特典3 「アリペイに複数の銀行口座を紐づける方法」

タオバオでの売上を日本円で回収するためには、複数の銀行口座を
アリペイと紐づける設定が必要になります。
操作で間違えやすい部分も画面で徹底解説しましたので
ぜひ活用してください。
※アリペイとは、タオバオを運営するアリババグループの
決済サービスです!電子マネーと近いイメージです。

 

・特典4 「EMSマイページ用タオバオ注文CSV変換ツール」

中国向けの発送で一番使われる郵便局のEMS(国際スピード便)の伝票を
プリンターで簡単に印字できるのが「EMSマイページサービス」です。
このツールを使えば、難しい中国語住所を手書きする必要がなくなり、
大量注文での伝票印字も一括処理が可能になります。

 

・特典5 「タオバオ販売禁止商品一覧表(中国語・日本語訳)」

知らずにタオバオで出品して販売してしまうと違反警告や
ペナルティを受けることもあるので注意が必要です。
タオバオでの販売禁止商品を把握することは、非常に重要です。
この特典資料で禁止商品を確認し、違反にならない商品を
出品するように活用してください。

 

読者特典の入手方法は簡単です。
Amazonで拙著をご注文頂き、手元に届きましたら書籍の巻頭記載の
読者特典ダウンロードURLを確認して入手してください。

 

 

無料診断をご希望の方はこちら

 

 

詳しい説明をご希望の方へ

 

「もっと詳細に内容を知りたい!」と、ご希望の方は下記のお問合せフォームまたは、
電話などで、お気軽にお問合せください。

 

お問合せのみでも大歓迎です。丁寧に説明させて頂きます。

 

無料診断をご希望の方はこちら

お気軽にお電話ください

コメントを残す

Facebook Comments