2020/12/23

 

微信小商店(WeChat ミニショップ)とは、

WeChatミニプログラムが提供するサービスの一つです。

店舗経営者は、無料で開発、コストゼロで店舗経営をスタートできます。

ミニプログラムの利用は非常に簡単にです。

 

これまでにも増して、ミニプログラムを活用した店舗経営、商品販売を

より簡単に行えるようにするため、

店舗経営者がスピーディにミニプログラムを利用した店舗を構築し、

WeChat内でECビジネスを行える微信小商店(WeChat ミニショップ)が登場しました。

 

微信小商店(WeChat ミニショップ)について

中国語名

微信小商店

英語名

Mini Shop

ジャンル

微信小程序(WeChatミニプログラム)

サービス開始時期

2020年8月20日

 

微信小商店(WeChat ミニショップ)でできることやメリットは?

微信小商店(WeChat ミニショップ)メリット

※コストゼロで開店できる。

※スピーディに開店できる。

※ライブコマースを活用して商品を販売できる。

 

最近のアップグレードにより、「スピーディに開店できる」という強みが強化されました。

このメリットは特に初めて店舗を経営するオーナーの皆様にとって朗報だと思います。

 

開発も自分でする必要はなく、コストゼロ、

ワンクリックで微信小商店(WeChat ミニショップ)のオーナーになれるのです。

 

店舗経営者は、改めてWeChatPayビジネスアカウントを申請する必要もありません。

簡単に店舗を構築し、経営をさっと始めることができます。

店舗開店の後は、さっそく販売したい商品を出品できます。

 

微信小商店(WeChat ミニショップ)は店舗経営のために必要な

商品情報の発信、商品取引、ミニプログラムライブコマースなど

EC経営に欠かせない基本的な機能をすべて揃えています。

 

店舗経営のための必要なサポートはすべて提供しています。

また、最近のECに欠かすことのできないライブコマースによる商品販売、

クーポン配布などのプロモーション機能も充実しています。

 

今後もより多くの機能が追加されることが予告されており、

WeChatを活用したECビジネスの発展とサービスの向上を後援しています。

 

微に入り細に入り、店舗経営を最強サポート!

微信小商店(WeChat ミニショップ)スピーディ開店サポートには、

ユーザーに必要な取引のための整えられたシステム、

開店したいと願う店舗オーナーに必要な基本的な商品販売のためのサポート、

マーケティングのために必要なサポートを受けることができます。

 

このサポートの中には、販売商品のアップロード、注文と配送の管理、マーケティング、

資金精算、顧客管理、及びアフターサービスなどEC経営に必要な機能が含まれています。

これらの基本機能に加え、次のようなオプションサポートも提供しています。

 

オプションサポート 「複数メンバー共同管理」

企業店舗アップグレードは500人の共同管理バックグランドをサポートしています。

店舗経営者は、バックグラウンドで「店舗―メンバー管理」を選び、

メンバーの追加を行うことができます。

 

このようにしてより効率的に運営することが可能になります。

管理権限はメンバーに応じて制限することができるので、

店舗経営者は各スタッフの部門や仕事内容に応じて管理することができます。

 

例えば、商品関連、アフターサービス関連、経営に関連したデータの管理など、

経営者が安心してスタッフに仕事を任せ、

スタッフの仕事効率を上げることのできる工夫が行き届いています。

 

安心のサポート プラットフォームお客様サービス

店舗オーナーが開店準備、経営のプロセスの中で、

お客様サービスミニプログラムをスキャンすることで、

お客様サービスへの問い合わせを行うことができます。

 

個人店舗の場合、モバイル版管理バックグランドで

「わたしーお客様サービスに連絡」を直接クリックします。

 

安心のサポート 配送保険

 微信小商店(WeChat ミニショップ)の店舗は

自店の顧客のために配送保険をかけることができます。

 

この保険によって、顧客が自分の店舗で商品購入後、返品交換が必要になった際に、

配送保険が返品交換時に生じた配送費用をカバーします。

 

この保険によって、店舗の取引転換率が向上がしますし、

顧客はより安心してショッピングを楽しむことができます。

詳しくは、「配送保険加入に関するお知らせ」をご一読ください。

 

安心のサポート 取引保障認証制度

取引保障認証制度は、サービスの良い店舗かどうかを顧客が判断する助けになります。

また、この制度があることで高品質のサービスを提供している店舗は

表示の機会をより多く持てます。

この認証は店舗が基準を満たした時点で自動的に付与されます。

 

 取引保障認証されることのメリットとは?

  公式認証マークの安心感:微信小商店(WeChat ミニショップ)公式認証、

  緑色の「保」マークは、店舗のメニューページ、プロフィールページ、検索結果、

  お友だちグループプロモーションなど多くの場面で表示されるので、

  そのマークを確認できた消費者は安心してショッピングを楽しむことができます。

  

  表示されるチャンスが増える:取引保障認証店舗であることは、

  顧客が店舗を検索する際、優先的に表示されるかどうかを左右します。

  また、公式キャンペーンに参加申請する場合にも有利になりますし、

  高級マーケティングツールを利用可能になるなどのメリットがあります。

 

  つまり良質のサービスを提供していると認証された場合、

  優先的により多く表示されるチャンスと、取引のチャンスがあることになります。

  取引保障認証付与審査は2週間に一度定期的に行われており、

  有効期間は14日間です。  

 

  店舗のサービス品質が基準にかなっていると判断される場合は、

  即、認証を受けることができます。

 

  認証条件に関して詳しくは、

  微信小商店(WeChat ミニショップ)ウェブ版管理バックグラウンドにログインし、

  詳細をご覧いただけます。

  微信小商店(WeChat ミニショップ)ウェブ版管理バックグランド

  ープラットフォームサービスー取引保障

 

安心のサポート:時代のニーズに合わせたマーケティング「ライブコマース」

マーケティングサポートも充実しています。

経営情報、認証精算、店舗の基本情報の登録完了を終えており、

すでに商品販売履歴のある店舗はシンプルな操作で「ライブコマース」を発信できます。

 

安心のサポート:消費者へのプロモーションに欠かすことのできないクーポン

今や、ECといえば、ライブコマースによるプロモーションが主流ですが、

やはりクーポン券の配布も効果的なマーケティングには欠かすことはできません。

クーポン券には、指定商品券、割引券、対象金額購入での割引などが含まれます。

 

微信小商店(WeChat ミニショップ)開店に関する規則

微信小商店(WeChat ミニショップ)は企業、個人事業主、個人が利用できます。

個人店舗の場合、必要な書類は身分証明書のみで店舗を開店できます。

身分証明書と銀行口座のバンドリング後

店舗への収入を現金で引き出すことができるようになります。

個人店舗の場合、新品と中古商品のどちらも販売できます。

1つのWeChatアカウントで、

個人店舗を一店舗と企業あるいは個人事業主店舗を三店舗経営できます。

 

企業、個人事業主は営業許可証、経営者情報、精算銀行アカウント情報をアップロードし、

ミニプログラムで用いる愛称、カテゴリなど基本情報を登録し開店することができます。

 

現時点で  (WeChat ミニショップ)で販売できる商品カテゴリは2,000品目以上で、

今も増加試続けています。

 

ブランド商品を販売する際には、

消費者が偽ブランド商品を購入してしまうというトラブルや、

ブランド側の権益を守るためにも、

ブランド商品を販売する際には、

各ブランドの定める規則に従ってブランド使用権を授権されているべきです。

 

微信小商店(WeChat ミニショップ)の、企業、個人事業主が経営する店舗の場合、

自店オリジナルブランド、ブランド代理、ノーブランドの3つから選択できます。

個人経営の店舗の場合、目下ブランド商品の販売はサポートしていません。

 

現金引き出しに関する規則

微信小商店(WeChat ミニショップ)開店後、

新たに付与されたWeChat Pay商用アカウントとバンドリングされます。

微信小商店(WeChat ミニショップ)での商品購入はWeChat Payのみ利用可能です。

店舗の種類によって、引き出せる現金の限度額は異なります。

店舗に現金化手続き料が請求されることはありません。

しかし、注文一件毎に、WeChat Payは0.6%の費用を徴収します。

 

店舗経営者は、バックグラウンドで資金の管理を行うことができます。

顧客が支払い手続きを行うと、精算待ちになります。

商品確認済み、あるいは、15日後自動で商品確認を自分で選択できます。

顧客が商品確認済みになると、該当の商品金額が現金化できるようになります。

毎日のキャッシュフローの確認もできるので、経営に非常に役立ちます。

 

中国越境ECオンライン勉強会

 

近日開催のセミナーのお知らせ

~フルサポートだから中国語不要~

IT導入補助金で「100万円」得する!中国越境EC出店オンラインセミナー

 

中国語ができなくても、現地に進出せずに日本に居ながらにして

消費の沸騰する14億の中国市場に向けてネットで簡単に販売する事、及びIT導入補助金で「100万円」コストダウンできる方法があります。

 

・淘宝(タオバオ) 中国人消費者向けの小売販売モール

・アリババ(1688.com)中国企業向けの卸売販売モール

 

2つの中国最大の電子商取引サイトを活用して、日本企業が販路拡大する弊社のフルサポートの運営代行サービスを実践的にお伝えします!

 

 

セミナーの詳細・お申込みはこちらから

~フルサポートだから中国語不要~

IT導入補助金で「100万円」得する!中国越境EC出店オンラインセミナー

https://taobao-support.net/seminar/chinaec-online-seminar/

 

中国向け越境ECの運営代行を10年以上続けているナセバナルの橋谷が

WEBセミナー形式でばっちりお伝え致します。

 

まずは気軽に、ご自宅から参加可能な「オンラインセミナー」で

「最新情報」と「無料特典」を手に入れてください。

 

【参加無料特典】中国越境EC オンラインセミナー

■参加特典その1 中国越境ECの資料(PDF)
■参加特典その2 オンラインセミナーの録画データ

■参加特典その3 無料個別相談(zoomで90分)

 

「タオバオで稼ぐ! 初心者から始める 中国輸出の教科書」 発売開始!

 

中国EC最大のイベントである「独身の日」の11月11日に発売開始されました。

 

弊社代表の橋谷が「タオバオ」の出店申請、出品方法から運営方法まで

ノウハウを図解で解説しました。

 

【読者限定!「中国進出に役立つ5大資料全員プレゼント」】

 

本書をお買い上げ頂きました全員の方に、下記の最新市場データや
EMSで中国向けに発送する時に便利なツールなどをダウンロードして
活用して頂けるようにご用意しました!


★本書の読者特典一覧


・特典1 「タオバオ最新情報!カテゴリ別人気ブランドTOP20調査データ」

中国ECマーケットのトレンドを徹底分析した最新のタオバオ市場調査データです。
主要なカテゴリごとの販売個数、売上総額など様々な実際の調査データをまとめています。
タオバオでの販売商品や、カテゴリの選定に迷った時などにご活用ください。

 

・特典2 「アリペイ送金・出金操作マニュアル」

すべての操作手順を画面で徹底解説しました。
初心者でも簡単に送金、出金の操作ができるマニュアルです。
操作ボタンの中国語もすべて日本語訳をしましたので、間違うことなく送金や出金が
できるようにご用意しました。

 

・特典3 「アリペイに複数の銀行口座を紐づける方法」

タオバオでの売上を日本円で回収するためには、複数の銀行口座を
アリペイと紐づける設定が必要になります。
操作で間違えやすい部分も画面で徹底解説しましたので
ぜひ活用してください。
※アリペイとは、タオバオを運営するアリババグループの
決済サービスです!電子マネーと近いイメージです。

 

・特典4 「EMSマイページ用タオバオ注文CSV変換ツール」

中国向けの発送で一番使われる郵便局のEMS(国際スピード便)の伝票を
プリンターで簡単に印字できるのが「EMSマイページサービス」です。
このツールを使えば、難しい中国語住所を手書きする必要がなくなり、
大量注文での伝票印字も一括処理が可能になります。

 

・特典5 「タオバオ販売禁止商品一覧表(中国語・日本語訳)」

知らずにタオバオで出品して販売してしまうと違反警告や
ペナルティを受けることもあるので注意が必要です。
タオバオでの販売禁止商品を把握することは、非常に重要です。
この特典資料で禁止商品を確認し、違反にならない商品を
出品するように活用してください。

 

読者特典の入手方法は簡単です。
Amazonで拙著をご注文頂き、手元に届きましたら書籍の巻頭記載の
読者特典ダウンロードURLを確認して入手してください。

 

 

無料診断をご希望の方はこちら

 

 

詳しい説明をご希望の方へ

 

「もっと詳細に内容を知りたい!」と、ご希望の方は下記のお問合せフォームまたは、
電話などで、お気軽にお問合せください。

 

お問合せのみでも大歓迎です。丁寧に説明させて頂きます。

 

無料診断をご希望の方はこちら

お気軽にお電話ください

 

コメントを残す

Facebook Comments