2014/03/11

20140311-3

大気汚染が深刻化する中国!

微小粒子状物質(PM2.5)問題の影響で日本や欧州の家電メーカーの
空気清浄器の販売台数が大幅に伸びています。

中国での空気清浄器販売シェア

1位 オランダのフィリップス

2位 日本のパナソニック

フィリップスは、Wi―Fiで空気の汚れ具合をスマートフォンに表示するタイプの製品を
中国では先行販売することに決定しました。

対する日本勢は、パナソニックが卓上型の加湿機能機器空気清浄器などを販売。
大幅に品揃えを充実させて対抗しています。

卓上型などは、オフィスでの使用例が多いそうです。

中国の空気清浄器市場は、前年比倍増で、さらに拡大が続いています。

無料診断をご希望の方はこちら

お気軽にお電話ください

コメントを残す

CAPTCHA


Facebook Comments