2017/10/03

  0GSCZarkLQ0

 

アリママEC事業部は、策略、リーチ、消費者の三分野で

スマート化機能を意識しマーケティングのプランニングをするよう薦めています。

 

2017年9月6日に開かれた淘宝大学公開レッスンの席で、

阿里妈妈(アリママ)EC事業部取締役漫天氏は

《時流の変化にそったマーケティングで、

マーケティングボーナスを獲得するには?》

というテーマで講演し、

これからのマーケティングに求められる思考パターンとノウハウについて語りました。

 

漫天氏は策略、リーチ、消費者の三分野でスマート化機能を意識し

マーケティングのプランニングをするよう薦めています。

 

0GSCZRK77jM

 

4段階に分けられるこれまでのEC全般の発展プロセス

第一段階は、EC発展初期で店舗はタオバオ直通車を利用したもので、

検索機能を利用しヒット商品を生み出し、ビジネスの発展に貢献してきました。

 

第二段階は、マーケットの環境です。

広告の効果によって初のタオバオブランドを確立しました。

 

第三段階は、2014年からのマーケット環境です。

これまでのPC版がモバイル版にスイッチする過程で

消費者の購買力の向上が店舗にボーナスを与えるに等しい利益をもたらしてきました。

 

第四段階は、2015年からのマーケット環境です。

すべてのブランドがオリジナル化、個性の重視を始めた年です。

ターゲット顧客を選択し、商品プロモーションを行う点を強化されてきました。

 

現在に至るまで競争はますます激しさを増しています。

それで、漫天氏はこれからのマーケティングに求められる思考パターンとノウハウとして、

策略、リーチ、消費者の三分野でスマート化機能を意識した

マーケティングプランニングを強調しています。

 

策略分野でのスマート化

第一に商品の選択です。

どの商品をもってマーケティングプロモーションをするかは、

マーケティング効率リンクの中で非常に大切なポイントとなります。

 

第二に日常業務小売販売のプロセスの中で、

どのようにして商いの周期にどのように新たな理念を組み入れるかという課題があります。

 

第三に祝日におけるビッグキャンペーン時にマーケットツールをどのように利用するかです。この面でも熟達できれば、より良い効果を期待できることでしょう。

 

ビジネス全方面へのリーチ

第一に店舗は公式ウェブサイト内メディアかサイト外メディアの

どちらに重点をおくかを決定します。

 

第二に淘宝(タオバオ)、天猫(Tmall)プラットホーム内の

どのカテゴリのアクセス集客を目指すでしょうか?

 

第三に店舗はどのようなマーケット素材を活用し消費者にPRするでしょうか。

 

この角度から考えると、以前の大部分のマーケット素材は商品に関するものでしたが、

これからの課題はどのようにして内容の充実した素材とし消費者にリーチできるかでしょう。この点は研究と思考を重ねるべきポイントだと思います。

 

消費者へのアプローチ

第一に、新たな顧客を獲得するための努力は決して欠かせません。

様々なバックグラウンドシステムの提供するデータから状況把握ができます。

 

店舗の消費者へのPR力、全体との比較ができます。

このようにして比較を行うと

このカテゴリの中でどれほどの潜在力があるかを知ることができます。

 

第二にカテゴリ内の新顧客の比率と流通プロセスの指数変化、

自店舗の全カテゴリとの対比を行い、自分の経営状況を分析できます。

 

第三に新顧客とお得意様の転換率に関するデータの対比によって

新顧客は自店舗のターゲット顧客と一致しているかを観察できます。

 

第四に、カテゴリを超えて新顧客へのプロモーションを行った際の

結果を見ることができます。

 

例えば小カテゴリ、関連指数にはどのようなものがあるか等

アリママは店舗へのサポートの一環として提供しています。

 

さらに、スマート化について触れないわけにはいきません。

 

以下の部分でアリママのマーケティング予算の有料サービスの中で

より多くのデータ権限付与及び関連するスマート化商品について触れたいと思います。

 

これには、リアルタイムでアクセスの価値を判断できるスマート出品の商品、

関連する予測を行い、店舗が精確に高転換率のアクセスを集客できるようサポートします。

 

0GSCZU2Hd6O

 

同時に、他のスマート予算商品もあります。

有料サービスの動向調整によって効率を向上させ、

貴重なコストを有効に用いて

オンライン滞在時間をできる限り延長し、最大の効果が得られるようにします。

 

アリママはブランド専門エリアの商品もプロモーションします。

様々なマーケティング、及び相互作用により、

真の意味でAI、VRリンクで効果的な店舗になるよう促し、

リンクプロセスの中で消費者の流通を促します。

 

 

近日開催のセミナーのお知らせ【10月・11月開催!】

 

~中国語不要!ネットで簡単進出~

【爆買い×越境EC!】タオバオ・アリババ出店セミナー

 

中国語ができなくても、現地に進出せずに日本に居ながらにして

消費の沸騰する13億の中国市場に向けてネットで簡単に販売する事ができる方法があります。

 

・淘宝(タオバオ) 中国人消費者向けの小売販売モール

・アリババ(1688.com)中国企業向けの卸売販売モール

 

2つの中国最大の電子商取引サイトを活用して、日本企業が販路拡大する弊社のフルサポートの運営代行サービスを実践的にお伝えします!

 

 

セミナーの詳細・お申込みはこちらから

~中国語不要!ネットで簡単進出~

【爆買い×越境EC!】タオバオ・アリババ出店セミナー

 

【大阪会場】2017年10月26日(木)  ※受付開始

【東京会場】2017年11月17日(金) ※満席のため受付終了

※キャンセル待ちをご希望の方はお電話ください。

 

https://taobao-support.net/seminar/taobao-alibaba-seminar/

 

皆さまお誘いあわせの上、是非「今すぐ」上記リンク先の申し込みフォームへ
ご記入の上、「送信」をクリックして最新情報を手に入れてください。

 

中身の濃い具体的な事例を話しますので「限定8名」です!
お席が無くなりましたらご容赦ください。

 

「タオバオで稼ぐ! 初心者から始める 中国輸出の教科書」 発売開始!

 

中国EC最大のイベントである「独身の日」の11月11日に発売開始されました。

 

弊社代表の橋谷が「タオバオ」の出店申請、出品方法から運営方法まで

ノウハウを図解で解説しました。

 

【読者限定!「中国進出に役立つ5大資料全員プレゼント」】

 

本書をお買い上げ頂きました全員の方に、下記の最新市場データや
EMSで中国向けに発送する時に便利なツールなどをダウンロードして
活用して頂けるようにご用意しました!


★本書の読者特典一覧


・特典1 「タオバオ最新情報!カテゴリ別人気ブランドTOP20調査データ」

中国ECマーケットのトレンドを徹底分析した最新のタオバオ市場調査データです。
主要なカテゴリごとの販売個数、売上総額など様々な実際の調査データをまとめています。
タオバオでの販売商品や、カテゴリの選定に迷った時などにご活用ください。

 

・特典2 「アリペイ送金・出金操作マニュアル」

すべての操作手順を画面で徹底解説しました。
初心者でも簡単に送金、出金の操作ができるマニュアルです。
操作ボタンの中国語もすべて日本語訳をしましたので、間違うことなく送金や出金が
できるようにご用意しました。

 

・特典3 「アリペイに複数の銀行口座を紐づける方法」

タオバオでの売上を日本円で回収するためには、複数の銀行口座を
アリペイと紐づける設定が必要になります。
操作で間違えやすい部分も画面で徹底解説しましたので
ぜひ活用してください。
※アリペイとは、タオバオを運営するアリババグループの
決済サービスです!電子マネーと近いイメージです。

 

・特典4 「EMSマイページ用タオバオ注文CSV変換ツール」

中国向けの発送で一番使われる郵便局のEMS(国際スピード便)の伝票を
プリンターで簡単に印字できるのが「EMSマイページサービス」です。
このツールを使えば、難しい中国語住所を手書きする必要がなくなり、
大量注文での伝票印字も一括処理が可能になります。

 

・特典5 「タオバオ販売禁止商品一覧表(中国語・日本語訳)」

知らずにタオバオで出品して販売してしまうと違反警告や
ペナルティを受けることもあるので注意が必要です。
タオバオでの販売禁止商品を把握することは、非常に重要です。
この特典資料で禁止商品を確認し、違反にならない商品を
出品するように活用してください。

 

読者特典の入手方法は簡単です。
Amazonで拙著をご注文頂き、手元に届きましたら書籍の巻頭記載の
読者特典ダウンロードURLを確認して入手してください。

 

 

無料診断をご希望の方はこちら

 

 

詳しい説明をご希望の方へ

 

「もっと詳細に内容を知りたい!」と、ご希望の方は下記のお問合せフォームまたは、
電話などで、お気軽にお問合せください。

 

お問合せのみでも大歓迎です。丁寧に説明させて頂きます。

 

無料診断をご希望の方はこちら

お気軽にお電話ください

コメントを残す

Facebook Comments