2018/05/11

Q:保税輸入と直送輸入の違いは何ですか?

A:BBC保税区輸入は、まず中国国外で商品をまとめて買い付け

   中国国内の保税区に送っておきます。

 

 

  ネット上で顧客の注文があった時に保税区内で包装・あて名書き、電子通関、

  配送を行います。直送輸入は、まず顧客からの注文があった後、

  店舗が中国国外の商品を買い付け、国外で包装・あて名書きを行い、

  まとめて中国国内に送って通関・配送を行う方式です。

 

Q:中国国外の粉ミルクは保税区輸入と直送輸入どちらが良いでしょうか?

A:もし同じ商品である場合、店舗の状況に応じて

   自分に合った配送方式を選択したらよいでしょう。

 

   一般的に保税区輸入の場合配送スピードが速く少量からでも注文できます。

   海外直送輸入は配送スピードが遅く、カートン単位での注文が必要です。

 

莎莎网(Sasa.com)の商品は香港からの直送輸入と保税区輸入のどちらが良いでしょうか?

A:保税区輸入は安くて速く、送料無料ですが、

   それでもやはり香港からの直送が価格もかなり安いので好まれます。

 

   時間がかかり、課税される恐れもありますが、

   それでも保税区のものよりは現地直送が好まれます。

 

   それだけ中国国内、保税区のものには信用がなく好感度も低いと言えます。

 

Q:海外直送と保税区発送にはどんな違いがありますか?どちらが良いのでしょうか?

A:違いとしては、一つは店舗が事前に買い付けた商品を中国国内の保税区に置いておくこと、     一つは発注後に海外から直接中国国内に発送することです。

 

   どちらが良いかについては、費用の面で見ると海外直送は通関の際に徴税されます

  (50元(850円)以下は不要)が、保税区発送の場合は不要です。

 

   配送の面から見ると、海外直送の方が確実に時間がかかります。

   でも、保税区発送であらかじめ買い付けられるものの大部分はヒット商品であるため、

   種類が少なくなりがちですが、

   在庫を持つ必要がない海外直送は顧客のニーズに何でも合わせることができるのが

   利点です。それぞれの必要に応じて選択すると良いでしょう。

 

Q:保税区発送と海外直送、どちらがよりメリットがありますか?

A:保税区発送は事前に商品を準備しておく方式です。

    買い付けた商品が保税区に到着-通関手続き・検査申告-商品を

    税関管理監督倉庫に保管

    -店舗が商品を販売-販売データが試験運用プラットフォームから税関に申請

    -税関審査-発送-消費者へ、という一連の流れになり、

     このすべての過程は管理監督されます。こうすることで価格が安くなる理由として

 

1、海外からケース単位でまとまった量を輸入するため、輸送費が抑えられる。

 

2、一般的に輸入卸商は電子商ビジネスを展開しているので中間マージンが抑えられる。

 

3、競争が激しいため価格の透明性が保たれる。

 

4、商品輸入の際に関税・増値税が課税されるはずなのですが、

      越境試行ポイントを通過し保税区に入った商品は

      保税状態(暫定的に関税・増値税の支払いが不要で、区外に出荷する際に支払う)

      にあり、実際に発送される際には発注書や支払い明細、配送ラベルがあり、

      消費者個人の実名認証情報(身分証ナンバーと姓名)があるため、

      個人物品として区外に出荷されます。

 

     このため関税や増値税は免除され、荷物・郵便物輸入税のみで大丈夫なのです。

 

     さらに言うと、例えば100元(1,700円)の紙おむつの場合、

     関税・増値税はだいたい20元(340円)くらいになります。

 

     もし個人物品として出荷される場合これは免税になりますし、

     荷物・郵便物輸入税も販売価格が150元(2,550円)だとすると、

     10%の15元が課税されますが、実は50元以下という限度額においてこれも免除されます。

 

     ですから、越境試行ポイントにおいて、10%の荷物・郵便物輸入税がかかる個人物品は、      500元(8,500円)以下なら完全に免税になるのです。

 

 

国外直送:今のところ万国郵便連合が主体となっていて、

              海外に発送される荷物は発送国と配送国2か国の税関を通過しなければなりません。

 

              しかも郵政の多国間同士の連結システムはある程度完成されているとはいえ、

              効率が悪く個人の国際郵便はさらに効率が低下します。

 

配送時間:万国郵便連合の荷物に関しては、関税は自己負担、自由貿易地区内の関税は

               国际妈咪(国際マミー)が負担します。

 

              各荷物は税関制定の課税表に基づいて関税が計算されます。

              関税が50元(850円)以下なら免税されますがそれ以上なら課税されます。

 

            (税関のその時の政策に基づき、例えば粉ミルク一箱は一般に一缶につき

               18元(306円)、6缶で108元(1,836円)課税されます。)

 

             ただ越境物流BBSや百度BBSなどを見ると、商品の品質や仕入れ先の問題から、

             最近では一部の消費者は海外直送の方がより確実だと考えているようです。

 

             状況に応じて対応しましょう。

 

Q:海外直送と保税区発送の違いは何ですか?

A: 代理購入や越境電子商ビジネスの普及に伴い、

    今や海外のサイトで商品を購入することは普通のことになりました。

 

    簡単操作で海外の良いものがわずか数日で手に入ります。

 

Q:ネットでオーストラリアの輸入健康食品を買おうと思うのですが、

    直送と保税区発送の商品どちらがいいでしょうか?どんな違いがありますか?

 

A:直送は、あなたが購入後に中国国外から直接取り寄せることになりますので、

   送料が高くなります。しかも税関を通すので15から20日は待たなければなりません。

 

   保税区発送は店舗が事前に海外から商品を買い付けて中国の税関に保管しておき、

   消費者が購入後商品を保税区から発送しますので、

   国内で購入したのと同じような時間で商品が届きます。

 

   同じ点:(店舗が正規の手続きを踏んでいれば)

                どちらもきちんとした正規品を購入できます。

 

   相違点:価格、配送時間に差があります。

 

Q:保税区の輸入システムにおいて、保税輸入と直送には違いがありますか?

A:保税区とは保税倉庫エリアのことで、国の税関が設置した、

 あるいは税関の許可を得て登録された、税関によって管理監督される

 長期保管が可能なエリアで、店舗がまず海外から大量に買い付けて保税区に送り、

 そこで保管しておき、購入された時に通関手続きをします。

 

中国越境ECオンライン勉強会

 

近日開催のセミナーのお知らせ

 

~中国語不要!ネットで簡単進出~

【爆買い×越境EC!】タオバオ・アリババ出店セミナー

 

中国語ができなくても、現地に進出せずに日本に居ながらにして

消費の沸騰する14億の中国市場に向けてネットで簡単に販売する事ができる方法があります。

 

・淘宝(タオバオ) 中国人消費者向けの小売販売モール

・アリババ(1688.com)中国企業向けの卸売販売モール

 

2つの中国最大の電子商取引サイトを活用して、日本企業が販路拡大する弊社のフルサポートの運営代行サービスを実践的にお伝えします!

 

 

セミナーの詳細・お申込みはこちらから

~中国語不要!ネットで簡単進出~

【爆買い×越境EC!】タオバオ・アリババ出店セミナー

 

【福岡会場】2018年8月22日(水) ※残席6名

https://taobao-support.net/seminar/taobao-alibaba-seminar/

 

皆さまお誘いあわせの上、是非「今すぐ」上記リンク先の申し込みフォームへ
ご記入の上、「送信」をクリックして最新情報を手に入れてください。

 

中身の濃い具体的な事例を話しますので「限定8名」です!
お席が無くなりましたらご容赦ください。

 

「タオバオで稼ぐ! 初心者から始める 中国輸出の教科書」 発売開始!

 

中国EC最大のイベントである「独身の日」の11月11日に発売開始されました。

 

弊社代表の橋谷が「タオバオ」の出店申請、出品方法から運営方法まで

ノウハウを図解で解説しました。

 

【読者限定!「中国進出に役立つ5大資料全員プレゼント」】

 

本書をお買い上げ頂きました全員の方に、下記の最新市場データや
EMSで中国向けに発送する時に便利なツールなどをダウンロードして
活用して頂けるようにご用意しました!


★本書の読者特典一覧


・特典1 「タオバオ最新情報!カテゴリ別人気ブランドTOP20調査データ」

中国ECマーケットのトレンドを徹底分析した最新のタオバオ市場調査データです。
主要なカテゴリごとの販売個数、売上総額など様々な実際の調査データをまとめています。
タオバオでの販売商品や、カテゴリの選定に迷った時などにご活用ください。

 

・特典2 「アリペイ送金・出金操作マニュアル」

すべての操作手順を画面で徹底解説しました。
初心者でも簡単に送金、出金の操作ができるマニュアルです。
操作ボタンの中国語もすべて日本語訳をしましたので、間違うことなく送金や出金が
できるようにご用意しました。

 

・特典3 「アリペイに複数の銀行口座を紐づける方法」

タオバオでの売上を日本円で回収するためには、複数の銀行口座を
アリペイと紐づける設定が必要になります。
操作で間違えやすい部分も画面で徹底解説しましたので
ぜひ活用してください。
※アリペイとは、タオバオを運営するアリババグループの
決済サービスです!電子マネーと近いイメージです。

 

・特典4 「EMSマイページ用タオバオ注文CSV変換ツール」

中国向けの発送で一番使われる郵便局のEMS(国際スピード便)の伝票を
プリンターで簡単に印字できるのが「EMSマイページサービス」です。
このツールを使えば、難しい中国語住所を手書きする必要がなくなり、
大量注文での伝票印字も一括処理が可能になります。

 

・特典5 「タオバオ販売禁止商品一覧表(中国語・日本語訳)」

知らずにタオバオで出品して販売してしまうと違反警告や
ペナルティを受けることもあるので注意が必要です。
タオバオでの販売禁止商品を把握することは、非常に重要です。
この特典資料で禁止商品を確認し、違反にならない商品を
出品するように活用してください。

 

読者特典の入手方法は簡単です。
Amazonで拙著をご注文頂き、手元に届きましたら書籍の巻頭記載の
読者特典ダウンロードURLを確認して入手してください。

 

 

無料診断をご希望の方はこちら

 

 

詳しい説明をご希望の方へ

 

「もっと詳細に内容を知りたい!」と、ご希望の方は下記のお問合せフォームまたは、
電話などで、お気軽にお問合せください。

 

お問合せのみでも大歓迎です。丁寧に説明させて頂きます。

 

無料診断をご希望の方はこちら

お気軽にお電話ください

 

コメントを残す

Facebook Comments