2020/02/16

スイスのジュネーブで

「科学研究ルートマップ:新型コロナウイルス世界研究とイノベーションフォーラム」

が2日間にわたって開催されました。

 

このフォーラムはWHO(世界保健機関)と

「世界伝染病予防研究共同機関」が共同で企画したものです。

 

WHO(世界保健機関)の事務局長テドロス・アダノム・ゲブレイェスス氏

(Tedros Adhanom Ghebreyesus)は、記者会見の席で、

新型コロナウイルスの名称を「COVID-19」とすると、発表しました。

 

この発表前には、今回流行の新型コロナウイルスは正式な名称がなく、

一部では2019-nCoV/novelcoronavirusと呼ばれていました。

 

新名称には、国名、地名を含めず偏見に繋がることがないように配慮。

この新名称に関して、多くの方の率直な感想は、この名称の意味がわからない、

というものでしょう。

 

WHOを代表して事務局長であるテドロス・アダノム・ゲブレイェスス氏は、

多くの方の疑問に答え以下のように述べています。

 

『「COVID-19」の名称は2015年に定めた新名称決定基準にそって、

決定されました。

 

名称の中に含まれている「CO」が意味するのは、「corona(コロナ)」であり、「VI」が意味するのは、「virus(ウイルス)」、

Dが意味するのは、「disease(病気)」

「19」が意味するのは、時期を指しており、

この病気が2019年末に発生したことにちなみ、「19」としました。

 

以上の情報を含め、新たに病気の名称として、「COVID-19」が採用されました。』

 

同時にWHO(世界保健機関)は公式twitterの中で、

新名称の定め方についての規範について解説しています。

 

「WHO(世界保健機関)とOIE(国際獣疫事務局)、FAO(国際連合食糧農業機関)の

話し合いの結果の合意として、新名称を決定する際には、

具体的な地名、動物、個人或いはグループを特定したものとしない、

皆が簡単に読める、

病気に直接関係するものであるようにする名称を定めると決定しております。」

 

WHO(世界保健機関)は、

「名称はたいへん大切です。

正確でない名称を用いることで引き起こす偏見や差別につながる状況を防ぐ

ことができるからです。」とコメントしています。

 

今回の名称を発表する前にも、WHOは数回にわたり、ウイルスに感染したのは、

単なる数字に表れるデータではない、ウイルスに感染し、

苦しんでいるのは、人であるので、

決して差別的な含みのある発言をしないようにと忠告していました。

 

2015年の新名称決定に関する規則が定められる以前には、

「MERS中東呼吸器症候群」という名称が採用されたこともありました。

 

この名称には、具体的な地域名が含まれています。

 

この名称は2013年にWHOによって定められた名称ですが、

この名称について、様々な異議が唱えられました。

 

しかし、これらの論議を経て、一新した名称採用に関する規則が定められ、

地域を特定できる語を含まないという規則が存在するようになりました。

 

新型ウイルスのワクチンは今後18ヶ月以内に準備完了の見通し

 

WHO(世界保健機関)の事務局長テドロス・アダノム・ゲブレイェスス氏が

2月11日にジュネーブで明らかにしたところによると、

新型コロナウイルスのワクチンは18ヶ月以内に準備完了するであろうとのことです。

 

それで、このワクチンができるまでの間、

今までどおり、ウイルスに感染しないよう各自が全力で予防に努めるべきです。

 

WHO事務局長テドロス・アダノム・ゲブレイェスス氏は、

WHO本部が開催した会合の場で、

現在世界各地の400名を超える専門家たちが

新型コロナウイルス研究に関する仕事において一致協力し、

討論を重ねている状況だとのことです。

 

発表された情報によると、新型コロナウイルスのワクチンは

今後18ヶ月以内に準備完了する見通しとのことですが、

ワクチンの研究開発には日を要するので、

目下明らかになっているウイルス予防対策のため各自が尽力するよう訴えました。

 

 

テドロス・アダノム・ゲブレイェスス氏は、

「目下我々はできるすべてのことを行い、現在もっているすべての「武器」を利用し、

ウイルスという敵に立ち向かいましょう。

同時に、この闘いが長期戦になることを踏まえ、適切な準備を行いましょう。」

と述べました。

 

伝えられるところによると、

中国中央総書記、国家主席、中央軍委員会主席である習近平氏は、

2月10日、北京調査研究指導新型コロナウイルス肺炎発生蔓延防止コントロールに関する仕事に関して、

「高校、科学研究院、企業がみな協力し、関係する試薬、ワクチン、薬品の研究開発に

さらに力を注ぎ、この難関を一刻も早く突破できるようにしましょう!」

とエールを送りました。

 

今の時点で、中国、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、オーストラリアの

約10の医薬品会社が目下新型コロナウイルスのワクチンを研究開発しているとのことです。

 

CEPI(感染症流行対策イノベーション連合)はWHOの提携機構として、

再度新型ウイルスの有効なワクチンの研究製造のスピードを速めるために、

2月14日までの間、公開提案募集を行いました。

 

WHOも中国と協力する姿勢を表明

WHOの公式ウェブサイトの伝えるところによると、

今回の世界規模の研究とイノベーション会議はワクチン、

治療また診断方法のイノベーションなど病気の蔓延を阻むのに必要なものを開発研究するための世界規模の一致した行動を促すことを目的としています。

 

WHO事務局長テドロス・アダノム・ゲブレイェスス氏は、このように述べています。

 

「新型コロナウイルスは世界の政治、資金及び科学の面で世界の一致を試すもの

となっています。

 

世界は手に手をとり合い、一致団結して病気蔓延を食い止め、

情報の透明化、サンプルとDNAシークエンシング関連の重要な情報、データと情報を

公平にシェアすることで協力すべきです。

 

研究者とサポーターのみなさんは

自分の仕事が世界規模で取り組む目標に大切な一助となることを

ぜひ自覚していただきたいと思います。」

 

「目下、ワクチンは研究開発の途上にあり、有効な診療方法は未だ発見できていません。

さらに、ウイルスの感染するスピード、潜伏期間、試薬の検査、重症病例の管理、

関連する論理などの問題は未だ答えを模索中です。

 

これらの答えを見出すには、 

集団としての集約した知識、知恵、経験がどうしても必要です。」

 

世界各地の関係者が緊急感をもって、今こそ団結した行動を起こすべき時です!

 

中国越境ECオンライン勉強会

 

近日開催のセミナーのお知らせ

 

~フルサポートだから中国語不要~

「タオバオ&アリババ」売上3倍達成!中国越境ECオンラインセミナー

 

中国語ができなくても、現地に進出せずに日本に居ながらにして

消費の沸騰する14億の中国市場に向けてネットで簡単に販売する事ができる方法があります。

 

・淘宝(タオバオ) 中国人消費者向けの小売販売モール

・アリババ(1688.com)中国企業向けの卸売販売モール

 

2つの中国最大の電子商取引サイトを活用して、日本企業が販路拡大する弊社のフルサポートの運営代行サービスを実践的にお伝えします!

 

 

セミナーの詳細・お申込みはこちらから

~フルサポートだから中国語不要~

「タオバオ&アリババ」売上3倍達成!中国越境ECオンラインセミナー

https://taobao-support.net/seminar/chinaec-online-seminar/

 

中国向け越境ECの運営代行を10年以上続けているナセバナルの橋谷が

WEBセミナー形式でばっちりお伝え致します。

 

セミナー申込み後すぐに「中国越境EC動画セミナー(前半)」を視聴できる限定公開URLを

メールにてお送りします。

 

まずは気軽に、ご自宅から参加可能な「オンラインセミナー」で

「最新情報」と「無料特典」を手に入れてください。

 

【参加無料特典】中国越境EC オンラインセミナー

■参加特典その1 中国越境ECの資料(PDF)
■参加特典その2 オンラインセミナーの録画データ

■参加特典その3 無料個別相談(zoomで90分)

 

「タオバオで稼ぐ! 初心者から始める 中国輸出の教科書」 発売開始!

 

中国EC最大のイベントである「独身の日」の11月11日に発売開始されました。

 

弊社代表の橋谷が「タオバオ」の出店申請、出品方法から運営方法まで

ノウハウを図解で解説しました。

 

【読者限定!「中国進出に役立つ5大資料全員プレゼント」】

 

本書をお買い上げ頂きました全員の方に、下記の最新市場データや
EMSで中国向けに発送する時に便利なツールなどをダウンロードして
活用して頂けるようにご用意しました!


★本書の読者特典一覧


・特典1 「タオバオ最新情報!カテゴリ別人気ブランドTOP20調査データ」

中国ECマーケットのトレンドを徹底分析した最新のタオバオ市場調査データです。
主要なカテゴリごとの販売個数、売上総額など様々な実際の調査データをまとめています。
タオバオでの販売商品や、カテゴリの選定に迷った時などにご活用ください。

 

・特典2 「アリペイ送金・出金操作マニュアル」

すべての操作手順を画面で徹底解説しました。
初心者でも簡単に送金、出金の操作ができるマニュアルです。
操作ボタンの中国語もすべて日本語訳をしましたので、間違うことなく送金や出金が
できるようにご用意しました。

 

・特典3 「アリペイに複数の銀行口座を紐づける方法」

タオバオでの売上を日本円で回収するためには、複数の銀行口座を
アリペイと紐づける設定が必要になります。
操作で間違えやすい部分も画面で徹底解説しましたので
ぜひ活用してください。
※アリペイとは、タオバオを運営するアリババグループの
決済サービスです!電子マネーと近いイメージです。

 

・特典4 「EMSマイページ用タオバオ注文CSV変換ツール」

中国向けの発送で一番使われる郵便局のEMS(国際スピード便)の伝票を
プリンターで簡単に印字できるのが「EMSマイページサービス」です。
このツールを使えば、難しい中国語住所を手書きする必要がなくなり、
大量注文での伝票印字も一括処理が可能になります。

 

・特典5 「タオバオ販売禁止商品一覧表(中国語・日本語訳)」

知らずにタオバオで出品して販売してしまうと違反警告や
ペナルティを受けることもあるので注意が必要です。
タオバオでの販売禁止商品を把握することは、非常に重要です。
この特典資料で禁止商品を確認し、違反にならない商品を
出品するように活用してください。

 

読者特典の入手方法は簡単です。
Amazonで拙著をご注文頂き、手元に届きましたら書籍の巻頭記載の
読者特典ダウンロードURLを確認して入手してください。

 

 

無料診断をご希望の方はこちら

 

 

詳しい説明をご希望の方へ

 

「もっと詳細に内容を知りたい!」と、ご希望の方は下記のお問合せフォームまたは、
電話などで、お気軽にお問合せください。

 

お問合せのみでも大歓迎です。丁寧に説明させて頂きます。

 

無料診断をご希望の方はこちら

お気軽にお電話ください

 

コメントを残す

Facebook Comments