2020/07/30

 

今、現実になりつつある、犬になれたら~と、人をうらやましがらせる生活

唐突ですが、お尋ねします、ご自宅の便器の購入額を覚えておられますか?

おそらく、平均額は5,000元(75,000円)といったところでしょう。

 

ちなみに現在、タオバオ店舗で販売されている輸入品のペット用スマートトイレの販売額は、

5,867元(88,005円)です。。。

 

さらに、コロナ太りでお悩みの方も多い昨今、ダイエットをしなければと考えておられる方、ジムのメンバーになってエクササイズを、と考えておられることでしょう。

 

現在、一部のペット愛好家の中では、愛猫、愛犬など愛するペットのダイエットのために、

今よりもっと健康的なペットフードを購入する他に、

ペットたちのためにオーダーメイドのランニングマシーン

或いは、ダイエットのための個人レッスンを申し込んだりしています。

 

『2019年中国ペット業界白書』によると、

中国人が自分の愛犬1匹のために消費する平均額は、

年間で6,082元(91,230円)に達したそうです。昨年の同じ時期に比べて9%の増加です。

 

また、愛猫1匹のために消費する平均額は、年間で4,755元(71,325円)に達したそうです。

これは昨年の同じ時期に比べて+10.3%となりました。。

 

ペットの飼育にかかる金額はペット飼育願望にマイナスの影響はなし。

2019年時点で、中国全土でペットを飼っている人の数はすでに6,120万人に達しました。

昨年に比べて472万人の増加です。

 

タオバオで、2017年に猫を買った人数は500万人を超えました。

2018年には約700万人となり、2019年にはなんと約1,200万人ほどになりました。

 

 

 

タオバオペット業界専門家である远霁氏は、生活リズムの速い都会の生活の中で、

ペットを飼うとリラックス効果が得られるとのことです。

 

コロナウイルスの影響を受けて、2020年において全世界の経済が低迷している中、

驚くべき癒し効果のある「その業界」は、経済低迷の影響を受けず、

かえって勢いを増して、ニーズが高まっているようです。

 

Amyと愛犬の場合:

 

実家で両親と住んでいた時に飼っていたペット歴は含まず、

Amyは、自立して住むようになってから犬を飼い始めてすでに17年になります。

 

Amyの生活の中で、愛犬のポジションは、飼い始めは彼女の「ペット」でしたが、

今や「家族」へと変化しています。

 

Amyが初めて自分で飼った犬は、ララという名前でした。

ララを飼い始めた動機は、多くのペットを購入する人と同じく、

小さい可愛い動物が好きで、自分の連れになる犬が欲しいと思ったからです。

 

しかし、ララと一緒に過ごす時間が長くなればなるほど、

Amyとララの感情的結びつきは強くなりました。

 

時が経つにつれて、Amyはララに対して、あるニーズがあることに気づきました。

それはララに連れを作ってあげなければ、というニーズであり、

飼い主としてそれは1つの責任であると感じました。

それで、Amyはさらに1匹のラブラドールを買い、美元と名付けました。

 

2017年に15歳となったララは病気で入院し、

Amyはララのために2万元(30万円)以上を支払いました。

しかし、最後にはララは息を引き取りました。

 

ララの思い出を忘れたくないAmyは、ララを火葬することに決め、

ララの遺骨は今も自宅に置いています。

 

昨年、Amyは、バンバンと名付けた柴犬を買い、

美元が孤独でないようにパートナーを与えました。

 

美元、Amyとララ

今、Amyと彼女のご主人の生活は、仕事と必要な交際以外、

生活の中心にあるのは2匹の愛犬です。

 

二人の毎月の愛犬のための出費は、ドッグフード、犬用ミルク、おやつに

1匹あたりだいたい1,000元(15,000円)ほどです。

その他に、大きな出費となるのは、旅行費用、ペットホテル費用、医療費です。

 

Amyはこう述べています。

「愛犬が老化するにつれて、医療費がかかるようになるのは否めません。

年をとれば、毎月最低でも1ヶ月1,000元(15,000円)はかかると思います。

それで今から備えをしています。

現時点で、美元のために、毎年1万元(15万円)の医療基金を貯めています。

 

このようにペット思いのAmyのような飼い主は中国国内にたくさんいます。

 

远霁氏はペット経済の発展は、

中国人が自分らしさを大事にしていることによる副産物だと分析しています。

 

次の記事でペット経済の1.0から3.0へのアップグレードの様子をお伝えいたします。

 

中国越境ECオンライン勉強会

 

近日開催のセミナーのお知らせ

 

~フルサポートだから中国語不要~

「タオバオ&アリババ」売上3倍達成!中国越境ECオンラインセミナー

 

中国語ができなくても、現地に進出せずに日本に居ながらにして

消費の沸騰する14億の中国市場に向けてネットで簡単に販売する事ができる方法があります。

 

・淘宝(タオバオ) 中国人消費者向けの小売販売モール

・アリババ(1688.com)中国企業向けの卸売販売モール

 

2つの中国最大の電子商取引サイトを活用して、日本企業が販路拡大する弊社のフルサポートの運営代行サービスを実践的にお伝えします!

 

 

セミナーの詳細・お申込みはこちらから

~フルサポートだから中国語不要~

「タオバオ&アリババ」売上3倍達成!中国越境ECオンラインセミナー

https://taobao-support.net/seminar/chinaec-online-seminar/

 

中国向け越境ECの運営代行を10年以上続けているナセバナルの橋谷が

WEBセミナー形式でばっちりお伝え致します。

 

セミナー申込み後すぐに「中国越境EC動画セミナー(前半)」を視聴できる限定公開URLを

メールにてお送りします。

 

まずは気軽に、ご自宅から参加可能な「オンラインセミナー」で

「最新情報」と「無料特典」を手に入れてください。

 

【参加無料特典】中国越境EC オンラインセミナー

■参加特典その1 中国越境ECの資料(PDF)
■参加特典その2 オンラインセミナーの録画データ

■参加特典その3 無料個別相談(zoomで90分)

 

「タオバオで稼ぐ! 初心者から始める 中国輸出の教科書」 発売開始!

 

中国EC最大のイベントである「独身の日」の11月11日に発売開始されました。

 

弊社代表の橋谷が「タオバオ」の出店申請、出品方法から運営方法まで

ノウハウを図解で解説しました。

 

【読者限定!「中国進出に役立つ5大資料全員プレゼント」】

 

本書をお買い上げ頂きました全員の方に、下記の最新市場データや
EMSで中国向けに発送する時に便利なツールなどをダウンロードして
活用して頂けるようにご用意しました!


★本書の読者特典一覧


・特典1 「タオバオ最新情報!カテゴリ別人気ブランドTOP20調査データ」

中国ECマーケットのトレンドを徹底分析した最新のタオバオ市場調査データです。
主要なカテゴリごとの販売個数、売上総額など様々な実際の調査データをまとめています。
タオバオでの販売商品や、カテゴリの選定に迷った時などにご活用ください。

 

・特典2 「アリペイ送金・出金操作マニュアル」

すべての操作手順を画面で徹底解説しました。
初心者でも簡単に送金、出金の操作ができるマニュアルです。
操作ボタンの中国語もすべて日本語訳をしましたので、間違うことなく送金や出金が
できるようにご用意しました。

 

・特典3 「アリペイに複数の銀行口座を紐づける方法」

タオバオでの売上を日本円で回収するためには、複数の銀行口座を
アリペイと紐づける設定が必要になります。
操作で間違えやすい部分も画面で徹底解説しましたので
ぜひ活用してください。
※アリペイとは、タオバオを運営するアリババグループの
決済サービスです!電子マネーと近いイメージです。

 

・特典4 「EMSマイページ用タオバオ注文CSV変換ツール」

中国向けの発送で一番使われる郵便局のEMS(国際スピード便)の伝票を
プリンターで簡単に印字できるのが「EMSマイページサービス」です。
このツールを使えば、難しい中国語住所を手書きする必要がなくなり、
大量注文での伝票印字も一括処理が可能になります。

 

・特典5 「タオバオ販売禁止商品一覧表(中国語・日本語訳)」

知らずにタオバオで出品して販売してしまうと違反警告や
ペナルティを受けることもあるので注意が必要です。
タオバオでの販売禁止商品を把握することは、非常に重要です。
この特典資料で禁止商品を確認し、違反にならない商品を
出品するように活用してください。

 

読者特典の入手方法は簡単です。
Amazonで拙著をご注文頂き、手元に届きましたら書籍の巻頭記載の
読者特典ダウンロードURLを確認して入手してください。

 

 

無料診断をご希望の方はこちら

 

 

詳しい説明をご希望の方へ

 

「もっと詳細に内容を知りたい!」と、ご希望の方は下記のお問合せフォームまたは、
電話などで、お気軽にお問合せください。

 

お問合せのみでも大歓迎です。丁寧に説明させて頂きます。

 

無料診断をご希望の方はこちら

お気軽にお電話ください

コメントを残す

Facebook Comments