2020/10/03

 

2014年に低アルコール飲料ブームとなり、この業界の転換点となりました。

 

この当時、アルコール度数が3%~20%の低アルコール飲料の中で、

カクテルが他のお酒に大いに差をつけ人気を博し、

白酒(パイチュウ)などこれまでのお酒の定番に仲間入りを果たし、

お酒を飲むときの選択肢の一つに入るようになりました。

 

2015年には、中国国内のカクテル市場は数年前から見られていた適当に選ぶお酒から、

「いつものあのお酒!」と定番化されてきました。

この頃、三大ブランドが確立されました。

 

三大ブランドとは、

まず、RIOとBreezerを二大売れ筋人気商品として販売している企業が

トップセールスを記録しており、このマーケットの売上げ60%を占めています。

 

次に、特定エリアでの売上が目覚ましい企業です。

このジャンルのお酒には、香港エリアの動力火車、北京の红広場が含まれます。

 

残りのひとつは、最近マーケットに加わったイノベーション企業であり、

知名度に欠け、多くの場合

有名ブランドからアイデアを拝借したと思われる商品を販売しています。

 

2015年後半になると、山西汾酒、泸州老窖、古井貢等白酒企業が

次々にカクテル製造から手を引き始めました。

これらの企業の中には、製造ラインをそっくり転売した企業もあります。

 

このような事態の背景には、

白酒(パイチュウ)マーケティング専門家による見方が反映されています。

 

彼らの意見はこのようなものでした。

 

「カクテル販売市場には、非常に多くの企業が参入しており、

同じような商品が乱立していて、競争は非常に厳しい、

供給量が消費量を大いに上回っており、売れ残る商品も多数出てくるでしょう、

 

そうなると、価格競争になるわけですが、売れ残らないために、

破格で販売できたとしても、利潤は残らず、

結局このジャンルから手を引くという選択をせざるを得なくなるでしょう。」

 

2017~2018年にかけて、フルーツのお酒、米酒を中心に、

低アルコールのお酒がリバイバルブームを巻き起こしました。

 

カクテル最盛期と低アルコール飲料プロモーションの違いは?

 

カクテルが登場した頃と、低アルコール飲料の登場時期を比較すると、

環境に大きな変化がありました。

 

デジタルプラットフォーム、デジタルメディアが利用可能となり、

イノベーション企業にとって新たなチャンスをつかめる環境が整いました。

 

ブランド創立後1年にも満たないMiss Berryは、

李佳琦によるライブコマースにより、一晩で5万本を超えるセールスを記録しました。

この販売数はこれまで酒類ブランドが、

今までのようなプロモーションで販売した場合の一ヶ月の販売数に相当します。

 

Miss Berryは、すでに大いにデジタルメディアを活用した

自身のプロモーションスタイルを確立しています。

 

小红书(Xiaohongshu)、抖音(TikTok)、また天猫(Tmall)プラットフォームを通じて

ターゲットを絞った投稿を行なっています。

 

低アルコール飲料或いは女性向けのお酒に

関心の高い消費者グループをスクリーニングし、

この消費者グループの一部が、天猫(Tmall)プラットフォームに行きつくよう、

プロモーションし、最後にマーケティングによって、新顧客が購入に至るようにします。

 

このようにして、一群の大衆の中から、ターゲットグループを形成し、

購入者というグループまでも形成し、ブランド力を強化しています。

 

2015年にはカクテルが大ブレイクとなったものの、

その後この業界全体は一時休業状態になりました。

 

RIOさえもこの影響で一時売り上げが落ち込みましたが、2017年にはRIOは戦略を練り直し、新たなオンラインプロモーションを活用し、新たなマーケットを開拓しました。

 

天猫(Tmall)に参入し、マーケットの動向をキャッチし、

積極的に新しいことに挑戦しました。

 

 

例えば、六神花露水とコラボし、

天猫(Tmall)限定で発売したRIOカクテルは出品されたと同時に一瞬で売り切れました。

 

デジタル化+サプライチェーンの強力な連携こそが勝利の鍵

 

目下大部分の低アルコール飲料ブランドは、

自身の商品に関する分析、研究開発、サプライチェーン、マーケティングなど

どの方面でもまだまだ改善の余地があるようです。

 

これらを整備し、改善するかどうかは新興企業が

成長のチャンスをつかめるかどうかを左右する要素です。

 

RIOの前デジタル経営総責任者である唐慧敏氏は、

中国国内と商品と海外商品を比較した自身の見方についてこのように述べています。

 

「中国の酒製造企業は海外の企業から学ぶ点がたくさんあります。

例えば、サントリーは低アルコール飲料に10のシリーズを創っており、

アルコール度数に応じて、

そのお酒が合うであろうと思われるシーンの推薦までしてくれています。」

 

唐慧敏氏は、海外商品の低アルコール飲料の種類は豊富であり、

消費者のニーズにかゆいところまで手が届いていると言います。

 

中国国内酒類ブランドは海外酒類ブランドを凌ぐことは困難であり、

この先長期に渡って技術面での発展、認証、新商品の開発を続けていくことで

海外のレベルに近づくことができると思われるとのことです。

 

Miss Berry はブランド確立後一年未満で、

すでに二度新商品のグレードアップを行なっています。

 

 

ECプラットフォームを通じてリアルタイムでフィードバックを受け取ることができるので、

新商品の方向性の調整をスピーディに行なうことができます。

 

酒造業界に携わる方もこのようにコメントしておられます。

「お酒というジャンルは元々利潤が高いはずの業界です。

他のソフトドリンク飲料と比べると、

消費者がリピーターとなる可能性が高いジャンルでもあります。

ですから、長期的に見ると、成長できる可能性を大いに秘めているということです。」

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

今回の記事を含め直近の3記事で、

中国における低アルコール飲料の動向や今後の課題についてご周知いただけたかと思います。3記事のポイントをまとめると以下のようになります。

 

まとめ

低アルコール飲料をさらに多くの消費者の生活の一部にしていくために・・

・低アルコール飲料と生活のあらゆるシーンのリンクをプロモーション

・消費者のニーズ、好みについてよりよく知る

・デジタルメディア、デジタルプラットフォームの更なる活用

 

前の記事

中国越境EC お酒の定番一新 お酒はニーズとシーンで選ぶとは?
https://taobao-support.net/blog/20200930/

 

中国越境EC 低アルコール飲料が人気商品となるまでのプロセス?
https://taobao-support.net/blog/20201003/

 

さらにお知りになりたい方は当社にお気軽にお問い合わせください。

 

中国越境ECオンライン勉強会

 

近日開催のセミナーのお知らせ

~フルサポートだから中国語不要~

「タオバオ&アリババ」売上3倍達成!中国越境ECオンラインセミナー

 

中国語ができなくても、現地に進出せずに日本に居ながらにして

消費の沸騰する14億の中国市場に向けてネットで簡単に販売する事ができる方法があります。

 

・淘宝(タオバオ) 中国人消費者向けの小売販売モール

・アリババ(1688.com)中国企業向けの卸売販売モール

 

2つの中国最大の電子商取引サイトを活用して、日本企業が販路拡大する弊社のフルサポートの運営代行サービスを実践的にお伝えします!

 

 

セミナーの詳細・お申込みはこちらから

~フルサポートだから中国語不要~

「タオバオ&アリババ」売上3倍達成!中国越境ECオンラインセミナー

https://taobao-support.net/seminar/chinaec-online-seminar/

 

中国向け越境ECの運営代行を10年以上続けているナセバナルの橋谷が

WEBセミナー形式でばっちりお伝え致します。

 

セミナー申込み後すぐに「中国越境EC動画セミナー(前半)」を視聴できる限定公開URLを

メールにてお送りします。

 

まずは気軽に、ご自宅から参加可能な「オンラインセミナー」で

「最新情報」と「無料特典」を手に入れてください。

 

【参加無料特典】中国越境EC オンラインセミナー

■参加特典その1 中国越境ECの資料(PDF)
■参加特典その2 オンラインセミナーの録画データ

■参加特典その3 無料個別相談(zoomで90分)

■参加特典その4 業界初の売上保証

 

「タオバオで稼ぐ! 初心者から始める 中国輸出の教科書」 発売開始!

 

中国EC最大のイベントである「独身の日」の11月11日に発売開始されました。

 

弊社代表の橋谷が「タオバオ」の出店申請、出品方法から運営方法まで

ノウハウを図解で解説しました。

 

【読者限定!「中国進出に役立つ5大資料全員プレゼント」】

 

本書をお買い上げ頂きました全員の方に、下記の最新市場データや
EMSで中国向けに発送する時に便利なツールなどをダウンロードして
活用して頂けるようにご用意しました!


★本書の読者特典一覧


・特典1 「タオバオ最新情報!カテゴリ別人気ブランドTOP20調査データ」

中国ECマーケットのトレンドを徹底分析した最新のタオバオ市場調査データです。
主要なカテゴリごとの販売個数、売上総額など様々な実際の調査データをまとめています。
タオバオでの販売商品や、カテゴリの選定に迷った時などにご活用ください。

 

・特典2 「アリペイ送金・出金操作マニュアル」

すべての操作手順を画面で徹底解説しました。
初心者でも簡単に送金、出金の操作ができるマニュアルです。
操作ボタンの中国語もすべて日本語訳をしましたので、間違うことなく送金や出金が
できるようにご用意しました。

 

・特典3 「アリペイに複数の銀行口座を紐づける方法」

タオバオでの売上を日本円で回収するためには、複数の銀行口座を
アリペイと紐づける設定が必要になります。
操作で間違えやすい部分も画面で徹底解説しましたので
ぜひ活用してください。
※アリペイとは、タオバオを運営するアリババグループの
決済サービスです!電子マネーと近いイメージです。

 

・特典4 「EMSマイページ用タオバオ注文CSV変換ツール」

中国向けの発送で一番使われる郵便局のEMS(国際スピード便)の伝票を
プリンターで簡単に印字できるのが「EMSマイページサービス」です。
このツールを使えば、難しい中国語住所を手書きする必要がなくなり、
大量注文での伝票印字も一括処理が可能になります。

 

・特典5 「タオバオ販売禁止商品一覧表(中国語・日本語訳)」

知らずにタオバオで出品して販売してしまうと違反警告や
ペナルティを受けることもあるので注意が必要です。
タオバオでの販売禁止商品を把握することは、非常に重要です。
この特典資料で禁止商品を確認し、違反にならない商品を
出品するように活用してください。

 

読者特典の入手方法は簡単です。
Amazonで拙著をご注文頂き、手元に届きましたら書籍の巻頭記載の
読者特典ダウンロードURLを確認して入手してください。

 

 

無料診断をご希望の方はこちら

 

 

詳しい説明をご希望の方へ

 

「もっと詳細に内容を知りたい!」と、ご希望の方は下記のお問合せフォームまたは、
電話などで、お気軽にお問合せください。

 

お問合せのみでも大歓迎です。丁寧に説明させて頂きます。

 

無料診断をご希望の方はこちら

お気軽にお電話ください

コメントを残す

Facebook Comments